【浮気事件簿】平成駆け込み婚のエリート女子、アーティスト夫の胃袋を掴んだのは隠れ魔性女!?~その2~

【浮気事件簿】平成駆け込み婚のエリート女子、アーティスト夫の胃袋を掴んだのは隠れ魔性女!?~その2~

探偵歴10年以上、浮気調査に定評のあるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情を紹介するこの連載。今回の依頼者は川奈美紀さん(仮名・31歳)。官公庁に勤務するエリート公務員です。結婚3か月になる、40歳の旦那様の浮気調査の依頼をくださいました。

その1はこちら

☆☆☆

依頼者・美紀さんから聞いた、旦那様の引っ越し日に調査を開始。メディアクリエイターの旦那様は「渋谷の新オフィスに荷物を運ぶ」と美紀さんに伝えました。美紀さんは機材を運ぶ程度だと思っていたのに、服や靴など私物のあらかたを持ち出すと言う。これは別居のサインかと思い、私達に調査を依頼。

「女性はいないかもしれません。でも、別居のサインですよね。引っ越し先住所を教えてくれないので、行先を特定してください」とおっしゃっていました。

引っ越し当日の朝8時に張り込みを開始。美紀さんの家は、都心からアクセスがいい埼玉県内にあるファミリータイプのマンションです。5年前に美紀さんが購入しました。旦那様はここに転がり込むように結婚したそうです。

10時に到着した大手引っ越し業者のトラックは、20個以上の段ボールや機材を1時間程度で積み込みします。そのトラックを追うと、渋谷区を通り過ぎ、品川区内の新築一戸建ての前に停まりました。

そこで待っていたのは、小柄でちょっとふっくらした30代前半くらいの女性。昭和っぽい花柄のエプロンをして、猫の柄の布の三角布を頭に巻いています。お世辞にも美しいとは言えませんが、愛嬌があり、一緒にいるとリラックスするタイプの女性です。こういう女性のことを、私たちは“隠れ魔性”と言っています。自分の容姿レベル、アピールポイントを知っていて、男性をとらえて離さないのです。

引っ越しトラックが荷物を運びこんで去って行っても、私達は張り込みを続けます。その2時間後に旦那様が家に入っていきます。筋肉質でスリムな体型、この寒空にライダースジャケットに黒の細身のパンツを合わせています。チェック柄のボリュームあるストールをぐるぐる巻きにしており、とてもおしゃれ。

家に入ってから1時間程度で、2人は手を握りながら出てきました。女性は入手困難なダウンジャケットを着ており、さらに丸くなった印象。手には昭和な雰囲気のピンク色のバスケットを持っています。2人は仲良さそうに近くの公園に入っていきました。この調査日は午前中は冷え込むものの、午後からとても天気が良く、ポカポカ陽気になっていました。

ふたりは日当たりがいいベンチに腰を下ろすと、缶チューハイで乾杯します。バスケットから取り出したタッパーには、揚げたてのからあげがぎっしり入っており、湯気が上がっていました。とても美味しそうです。

旦那様はつまむと、「旨い!こうやって思い付きで公園に来るって幸せだよな。俺はあなたに胃袋をつかまれちゃってるからさ」としみじみと語ってからキス。女性は頬を赤らめてはにかんでいます。ふたりは公園でしたたかに酩酊し大胆にも公衆の面前でいちゃいや。そのまま家に帰り朝まで出てきませんでした。

浮気の証拠をつかんだ妻が狙うのは、お金か、それとも……

1 2
セカンド 金運 婚活 派遣 iPhone 貧困女子 アラサー 運勢 不倫 浮気事件簿 浮気 占い 恋愛講座 恋愛 美人探偵 アラフォー 恋愛運 時短 アプリ 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!