乳がん母さんの明るい共病2|発覚後、最初の通院でわかった患者としてあるべき心がまえ~その1~

乳がん母さんの明るい共病2|発覚後、最初の通院でわかった患者としてあるべき心がまえ~その1~

忘れもしない2013年のバレンタインデー。私は自宅からほど近い総合病院で、「乳ガンです」との告知を受けました。

ガーーーーン!!!!

というベタなギャグは、ベタさが何周も回って、むしろ振り切れているので、ぜひとも押さえておきたいところでした。これまでのお話はコチラ

いやいやいや、それよりもこれって、もしかして私の「人生最大のダイエットチャンス」なんじゃないの?(結果から言うと、その後3回ほどガンの転移、治療を経ましたが、まったくダイエットならず。ちなみに、初めての出産をして母乳育児を始めたときも同じことを思ったけれど、やはりまったくダイエットはならず、でした。ダイエットの神様の人事査定はどれほど厳しいのかと。号泣ものです)

医師によるガンの説明に……

まさか、ガンを告知されたばかりの目の前の患者がそんなくだらないことを考えているとは夢にも思わないだろう主治医は、たんたんと話しを続けました。内容は、私の現状の説明、乳ガンの説明、今後の検査の説明と予約についてでした。

主治医は、PCのモニターを私に向けて、口頭で説明した内容をその場で箇条書きにしてキーボードに打ちこんでいきます。

まずは「病状等説明書」なるものでした。

・右乳房の外側下部に腫瘤が見つかった。

・あまり大きいものではない。

・今回、顕微鏡検査で乳ガンと確定した。

・乳ガンにはとても多くの種類があり、それぞれ性質が異なる。性質によって治療にも差がある。

ここで、主治医による「そもそも乳ガンとはなんぞや?」の講義が始まりした。

乳ガン……。

確か、遠い親戚に乳ガンで亡くなった女性がいたような、いないような。芸能人の乳ガン報道もよく見かけるし、「わりとよく聞く病気」という程度の認識でした。私にとって。「ガンの中では軽い」という印象もあるけれど、そもそもガンに重いとか軽いとかあるものなの?ガンはガンでしょ?

要するに、私はな~~~~んにも知らなかったのです。

1 2
恋愛 アラサー その1 婚活 結婚 セカンド 不倫 運勢 恋愛講座 美人探偵 アラフォー 貧困女子 金運 浮気事件簿 恋愛運 占い 浮気 時短 キャリア アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。