乳がん母さんの明るい共病4|ガン治療にまつわるお金の話、保険は何を選んでおくべき?~その1~

乳がん母さんの明るい共病4|ガン治療にまつわるお金の話、保険は何を選んでおくべき?~その1~

「標準治療」は松レベルだった!という現実を、乳ガンになって初めて知りました。これまでのお話はコチラ

ぶっちゃけ、おいくら?

ちょっと皆さんにお聞きしたいんですけども。

よく「ガンの早期発見のために検診を受けましょう」とか聞きますよね。「早期に発見すれば、ガンは不治の病ではありません」とかも。

早期のガンって、そんなに珍しい病気ではないと私は思っているんです。だから、このコラムの副題にも、『ガンなんて誰でもなる(……かもしれない)』とつけたわけで。まあ、副題があるなんて、誰も気づいていないとは思うんですけども。……フフッ(むなしい笑い)。

で、ですね。皆さん、気になりませんか?

「早期発見が大切なのはわかった。でも、ガンになったら、ぶっちゃけ、おいくら万円かかるの?」って。

ガンの治療法とか、検診について書いてあるものは、あっちでもこっちでもよく見かけます。

でも、その費用はというと、「ガンの種類や進行度によって、数万円から数百万円かかります」とかね。

いやいやいや、それは分かってるっての。どんなシロートでも、「数万円から数百万円の間」くらい言えるって。そんな、「明日の天気は晴れか雨かくもり、もしくは雪でしょう」的な。逆にそれ以外のパターンを教えてほしいくらいだと。

まずですね、病院という場所は、ビックリするくらいお金の話が後回しです。

患者さんに最善の治療を施す。それが医師の仕事であり、使命であって、その治療にいくらかかるのか、患者さんに支払い能力があるのかは、別の話なわけです。

私もガン患者になったばかりの頃は、毎回、ドキドキしながらお会計をしていました。

「えっ、こんな安いの?」と拍子抜けすることもあれば、「あの検査、こんなにするの~?」とビックリしたこともあります。

このドキドキ感は、お品書きに「時価」としか書かれていない寿司屋で注文をするようなスリルに似ています。

だって、いかにもご大層な機械を使った、たとえばCT検査が高いのは予想がつきますが、「ちょっと血液検査で白血球が少ないかなあ?どうします?白血球を増やす注射、打っていきます?」なんて聞かれて、気軽に「そうですね。今日は時間に余裕もあるし」なんて答えて、まさかそのちっちゃな注射がCT検査と同じ値段がするなんて思わないじゃないですか!!

病院にも、レストランのように値段が明記してあるメニュー表があればいいのに~~!!

……と思ったこともあります。

1 2
占い アラサー その1 キャリア 浮気事件簿 アラフォー 運勢 婚活 恋愛講座 貧困女子 恋愛運 浮気 美人探偵 不倫 セカンド 金運 アプリ 恋愛 仕事運 結婚
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。