乳がん母さんの明るい共病9|手術後は患部をなかなか見られない女心と医師、看護師、友人とのやりとり~その2~

乳がん母さんの明るい共病9|手術後は患部をなかなか見られない女心と医師、看護師、友人とのやりとり~その2~

乳がん母さん、術後は胸をケガした人と同じ。患部を直視するのはドキドキでした。~その1~はコチラ

部分切除と全摘の大きな違い

いざ自分のリアルな手術あとを見ると、それまでの考えの浅かったことが身にしみました。

主治医に治療方法の説明を受けたとき、私は深く考えもせず反射的に部分切除を選択しましたが、「思っていたより、この違いは大きいなあ」と思いました。

前にも書きましたが、全摘手術をして乳房再建をする場合、ガンを取り出したらそのまま形成外科チームに交替して、一気に手術をやってしまうんですね。

患者は麻酔で意識がないんだから、どうせ同じだという気もしないではないですが、それだけ手術は長く、大がかりなものになるわけで。入院期間は倍になるし、体のダメージも大きいだろうと想像できます。

部分切除の手術だけで結構キツかった私としては、これ以上大変な思いはしたくない。つか、できるとも思えなかったです。(←このときは。2年後に肺に転移してもっと大変な思いをしましたが、その話はまた後日)

しかもその後、乳房再建だと何回にもわたって自分の組織をおっぱいの中に移植しなければいけないわけで、もう手術はしばらくごめん!!と心底、思いました。

40歳をとっくに過ぎて、もう新しく子育てもないだろう身としては、自分のおっぱいの一つや二つ、なくなったところで世界の何が変わるというの?誰も困らないし。

……そう思ったけれど、私がもうちょっと若かったり、体力気力がもうちょっとあったら、また違った選択になったかもしれません。

全摘で、再建あり。

全摘で、再建なし。

部分切除で様子を見る。

以前にも書いた通り、どれがよくてどれが悪いとかじゃなく、本当に人それぞれなんだと思います。

主治医との相性

バレンタイデーに告知され、ホワイトデーに手術をした私の乳ガンですが、退院は3月20日、春分の日でした。

本当は前日に退院できたのですが、入院中の荷物を家族に運んでもらうため、1日延ばして祝日にしてもらったのです。……って、今になって考えたら、入院期間、すっごく短くないですか?書いている自分があらためてビックリですよ。

それでも病室に来た主治医には「まだ退院しないの?」と言われてしまいました。「いやあ、荷物が多いので、家族を待とうかと」と言ったら、鼻で笑われました。「荷物くらい、自分で持てばいいじゃない」って!!

いやいやいやいや。先生っ!!あなたんとこの病院で配っている、退院後の注意点の小冊子に、はっきりと「重いものは持つな」って書いてあるじゃないですか~~!!

……はあはあ。ぜいぜい……。

思えばこの主治医、入院中にも私の病室に来ては、山と積み上がっている本やマンガを見て、「いいねえ。こんな時じゃなきゃ、ゆっくり読書なんてできないものねぇ」とか。

退院間近になって、特に治療もなくやることもない日に(でも管がついているからベッドから動けない)、「なに?今日は寝ているだけ? ヒマだね~」とか……。

病室には一瞬しか来ないくせに、その一瞬で必ず何かいらんことを言っていきました。

こう言っちゃなんですけど、外科医って変わり者が多いです(注・個人の偏見が多分に入っております。感じ方には個人差があります)

でも、結構、私はこういう物言いがキライじゃありませんでした。ざっくばらんで、みもふたもないくらいのほうが、気持ちが楽でした。あくまでも、私は、ですが。

同じ言葉で傷ついてしまう人もいると思うので、そのあたりは本当に相性だと思います。

特に乳ガンの場合、主治医とは長~いお付き合いになるので、「こりゃあかん」と思ったら、本格的な治療に入る前に早めに病院を変えるのも手かもしれません。

結局、最後は「人」なんだろうなあと思うのです。

1 2
運勢 キャリア その1 浮気事件簿 アラフォー 結婚 貧困女子 不倫 占い 美人探偵 恋愛 時短 恋愛運 アラサー アプリ 浮気 婚活 恋愛講座 セカンド 金運
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。