乳がん母さんの明るい共病16|がん治療のフルコースを終えた私に降りかかった、新たな問題~その1~

乳がん母さんの明るい共病16|がん治療のフルコースを終えた私に降りかかった、新たな問題~その1~

2013年のバレンタインデー。健康診断でオールAの判定が出たにもかかわらず、なんだかおっぱいに違和感を感じ、自主的に病院へ。なんと、3センチ近い乳がんが見つかってしまったという私です。これまでのお話はコチラ。

健康診断の存在意義って、いったい?

さて。

バレンタインデーに乳がんの告知を受けて、一か月後のホワイトデーに手術を受けて。そこから私の生活はガラッと変わりました。

がんは初期治療がとっても大事なので、ガンガンガンと治療が進んで行きます。って、ここはオヤジギャグのようですが、あまりに昭和的なので、スルー推奨で。

手術のあとは、放射線治療、抗がん剤治療と続き、シメのホルモン療法まで。コースの料理のように、お約束の治療が順番通りに並びます。

本当に大変なのは、半年間くらいでした。いちばん大変だったのは抗がん剤治療で、精神的にも体力的にもダメージの山場だったように思います。抗がん剤が終わった時には、心底ホッとしたものでした。

それからさらに半年くらいすると、抗がん剤で抜けた髪の毛も生えだして、ニットキャップなしでも街を歩けるようになり、日常生活らしきものに戻れました。

「ようやくトンネルを抜けたわ~~!!」と解放感にひたったものでした。

余談ですが。

一応、抗がん剤治療中には、私はナマ物を食べるのを避けていました。ほらっ、みんなが大好きな言葉「免疫力」が、著しく落ちていたもので。何かあったらシャレにならないと、お寿司もお刺身も我慢の日々でした。

最後の抗がん剤の投与が終わった後も、しばらくは大事をとって、食べないようにしていました。(必ずしもナマ物は禁止ではない、という声もあります)

で、最後の抗がん剤から2か月も経った頃でしょうか。「もう大丈夫だろう」と思い、ナマ物を解禁したんです、自分に。そうしたら、夫がお寿司屋さんからウニ(←私の大好物)を1舟買ってきてくれまして。「全部食べていいよ」と。涙が出ました。いや、マジで。

夫とは長い付き合いですが、結婚前から今までの四半世紀でもらったプレゼントの中で、いちばん嬉しかった贈り物でした。

……ここで婚約指輪には「ごめんなさい」と謝っときます。アナタについてるダイヤはとても魅力的だけど、ナマ物解禁後のウニ1舟ほどの破壊的な魅力はないの。ほんと、ごめん。

とはいうものの、そう簡単に病院と縁は切れません。

シメのホルモン療法は、シメといいつつ5年から10年も続けなければいけません。

そうじゃなくても、半年に一回、経過観察という名のもとにMRIだのCTだのの検査を受けなければいけません。

まるで実家に帰るかのように、定期的に病院通いは続きます。正直、面倒くさいです。でも、仕方ない。「再発・転移する確率は5%くらい」と言われていた私は、すっかり病気をなめていました。喉元過ぎれば熱さなんてナッシング。「行かないと主治医に怒られるから」という動機だけで通っていました。

……ホルモン治療を始めて2年ほど経った、2015年の秋。

いつもと同じ検査を受けた私に、主治医は「肺にちっちゃな結腫が3つほどできているのが見つかりました」と言いました。

「まあ、なんともないと思うけど、見つけてしまった以上は放っておくわけにはいかないので、専門医にみてもらってくださいね~」と。

いや、そりゃそうですよね。

見つけちゃったら、医師として放っとくわけにはいかないでしょうね。見つけても放っとくような医師にはかかりたくないわ~。

「実家に帰ったら、ちょっと面倒な用事を言いつけられた」くらいの気持ちで、私は言われるままに呼吸器内科に向かいました。

1 2
浮気事件簿 運勢 アラサー 金運 アラフォー 婚活 時短 その1 セカンド 浮気 占い 美人探偵 恋愛講座 恋愛運 恋愛 キャリア 貧困女子 結婚 アプリ 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。