乳がん母さんの明るい共病16|がん治療のフルコースを終えた私に降りかかった、新たな問題~その2~

乳がん母さんの明るい共病16|がん治療のフルコースを終えた私に降りかかった、新たな問題~その2~

呼吸器内科で、朴訥な若い医師から内視鏡手術をすすめられた私。~その1~はコチラ

やさぐれたくなる気持ち

「手術もしますし、検査もします。でも、抗がん剤治療はイヤです!本当にウンザリなんです!!もちろん、その必要はわかります。転移なら細かいがんが体中に散っている可能性があるわけで、それを思うと抗がん剤しかないのも理解しています。でも、でも、本当にウンザリなんです!!!」

ついつい声が大きくなってしまう私に、真面目そうな若い医師は、「はい……。本当に大変なことだと思います……」としょんぼりと答えてくれました。

……いやいや、そんな正面から答えられても。自分でもわかっていますよ。八つ当たりですよ。しょせん、オバちゃんの愚痴なんだから。ここは流してくれよ、と。

あ~~、もう、なんだよ。すっかり油断してたよ。ホルモン療法とか、もう2年も続けていて、最近じゃ飲み忘れも多くなったし、激安ジェネリックにしちゃったし。ちょうど油断した頃に襲いかかるモンスターかよ。それ、どんなクエストだよ。

すっかりやさぐれたオバさんと化した私でした。

手術……、といえば外科です。

翌日、さらに詳しい検査の結果をもって、外科の窓口を叩きました。

担当してくれたのは、ベテランの男性外科医でした。呼吸器内科の医師とは正反対の、はっきりバッサバッサ切っていくタイプの医師でした。ザ・外科医、みたいな。

「これねえ、確かに内視鏡手術で1個とって調べてもいいんだけど。内視鏡っていってもね、喉や鼻から管を通すわけじゃなくて、わきを切って、そこから管を入れるの。切り口も(指で5cmくらいを示しながら)これくらい切るの。どうせだったら、開胸手術にして結腫を全部取ってしまうと言う方法もあるよ。その場合の傷は(指で10cmくらいを示しながら)これくらい。内視鏡で検査しても、それが悪いものだったらまた切って取るわけで、そうしたら2回切らなくちゃいけないよ。開胸手術なら、今、目に見える3個を取って、それが治療にもなるし。で、どうします?」

えっ、ちょっと待って!! その「どうします?」って、全然「どうします?」じゃなくないですか? ほぼ一択じゃないですか~~?????

とりあえず、新しい検査の結果が出るまで数日待ちました。その間に、私の気持ちは、開胸手術でスッキリさせることに決まっていました。

ところが数日ぶりの外科医の話は、ちょっと変わってきていました。

「思ったんだけどねえ。これ、無理にとらなくてもいいかもね。これから何らかの治療をするにしても、この結腫があると、その治療が効果あるのかないのか目で見てわかるでしょ? 効果があれば結腫は小さくなるだろうし、ならなければ効果がないってことだし。その様子を見ながら治療法を考えることもできるからね。で、どうします?」

1 2
運勢 アプリ 占い 時短 恋愛講座 結婚 恋愛 金運 恋愛運 浮気事件簿 浮気 セカンド 不倫 キャリア 婚活 貧困女子 美人探偵 アラサー アラフォー その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。