乳がん母さんの明るい共病17|再発からの手術コース、マジで泣きたくなった初めてのICU体験~その1~

乳がん母さんの明るい共病17|再発からの手術コース、マジで泣きたくなった初めてのICU体験~その1~

自他ともに認める健康体。人間ドッグだってA判定。……だったはずなのに、ビミョーな違和感を、ないに等しいサイズの胸に感じて病院の門をくぐったら、なんとステージ2の乳がんでした。これまでのお話はコチラ。

という、この体験記なんですが。

手術に放射線治療に抗がん剤にホルモン療法と、標準治療のフルコースを受けてから2年。いい加減に気も抜けて油断しまくっていたところに、再発の疑いが!!

……ここまでが前回のお話でした。

さあ、サクサクと進んでまいります。

「まあ、大丈夫ですよ」を120%信じる私のバカバカ~!

いやあ、甘かったですね~~。

何がって、私の考えと言うか、見通しというか。病気に対する心構えといいましょうか。なんかもう、何から何まで甘ちゃんだったと、今なら思います。

だいたい、医師とか看護師って人たちは、患者に不安を与え過ぎないように、「大丈夫ですよ」的な言い方をしがちです。

まあね~。どんな治療をするにしても、ちょっとでも可能性があれば、事前に「考えうる副作用」の説明をしなければいけないですからね、医師は。すんごいズラズラと重篤な症状の話がでてきて、正直、これはビビります。

医療者側にも「ビビらせてんな」という自覚があるんでしょうね。「……とはいうものの、そんな事はめったに起こりませんから、まあ、大丈夫ですよ」と続くことがほとんどです。

だったら、言うなよ!ビビるじゃないの!!とは思うけど、これはまあ、仕方ないです。

わかっています。

たいていの患者さんは、自分の身に起きた事態にビックリして、「なんで自分が」と悲観して、落ち込みます。それをフォローするために、「そんな深刻に考えなくても大丈夫ですよ」と優しい言葉をかけてくれるんですよね。

でも……。でもね。まれに「深刻に考えなくても」という言葉をそのまんまに受けて、「なんだ、深刻に考えなくてもいいのか~」とか思っちゃうバカな患者もいるんですよ~。……って、私だよ。

はい。大バカ者でございました。

なんたってアナタ、「一週間で退院なら、その2日後に飲み会の予定を入れられるかな?」なんて考えていたほどですから。ああ~~、そんな自分に後頭部から飛びげりくらわしたい!!どなたか、自分の後頭部にケリを入れる方法をご存知でしたら、教えてください!!

外科手術ですからね。そんな簡単なはずがないんですよ。

私の病気は乳がんなわけですが、検査で見つかった結腫は肺にありました。ちっこいのが3つ。それがどういったものかは、取って調べてみないとわかりません。もしかしたら、なんでもないかもしれない。もしかしたら、新しいガンかもしれない。でも、いちばん可能性としてあるのは、乳がんが肺に転移しちゃった、というパターン。そして、それが最悪のパターンでもありました。

なぜなら、私の乳がんは2年もかけて叩いて叩いて叩き続けているわけで、にもかかわらず転移しちゃうってことは、それだけ元気ながんって事で、他にも転移している可能性が高いわけですから。

1 2
浮気事件簿 その1 金運 貧困女子 占い 結婚 婚活 恋愛 時短 恋愛講座 セカンド 運勢 アラサー 恋愛運 美人探偵 キャリア 不倫 アプリ アラフォー 浮気
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。