コラム 乳がん母さんの明るい共病21|ポジティブでいるにも限度がある…2度目のがん転移~その2~

時間は有限

よく、「いくつになっても高い目標を掲げて努力する人は美しい」的な記事とかCMとかありますよね。

いいと思うんです。

そうやって生きていく事が身についている人は、70歳でも80歳でも、新しい事を始めて、自分を高めていけばいいんじゃないでしょうか。(棒読み)

でもね、人生って有限なんです。ずっと上だけを見て進んでいったら、あるところで道はブチ切れちゃいますよね。そしたら、「志半ばにして」って事になりません?

いや、ここは広く皆さんのご意見を聞きたいんですけれど。みんながみんな、年をとっても努力して自分を高める必要、あります?

広げた風呂敷をたたむには、広げた分と同じくらいの時間がかかりますよね。

たとえば平均寿命が85歳だったとして、全員が85歳まで生きられるわけではないですよね。単純に考えると、半分の人はそこまで生きられないはずなのに、ほとんどの人が「自分は平均寿命までは生きる」と思い込んでしまう、この不思議。なんなら、「平均寿命プラス10年」くらいで見積もっている人も多くないですか? いや、それ、どんな根拠?

まっ、運よくそこまで生きたとしても。命があって、体が動くうちに「これだけはクリアしておきたいこと」をリストアップし、かかる時間を考え、逆算してみると、案外、時間って足りないことに気づくはずです。

私は、そう簡単に死ぬつもりはないんですけども。でもやっぱり、がんになってから、「有限の時間」について考える事は増えました。

とりあえず、このままいけば、当初の目標だった60歳はクリアできそうな勢いです。

その先、何年あるかは神のみぞ知る、の世界です。人生のプレゼントゾーンですね。

高邁な目標とか志は掲げられませんが、しいて言えば、そこで少しでも多くの「出会い」があるといいなあ、とは思っています。

人との出会い。本との出会い。映画やお芝居。心動かされるものとの出会いですね。一期一会は、マジ、大切にしたいと思っています。

生きているうちに、会いたい人には会っておきたいし、出会うべき本ともなるべく巡り合っておきたいです。

本当、そのくらいですね。

なんともレベルの低い話で、我ながら恥ずかしいんですけれど。人生は有限だし、すでに下り坂に入っているので、本当に捨てられないものだけを選び、あとは捨てていく心づもりでいます。

これも考えたら、断捨離の一種なのかもしれません。人生オールの。

あなたの目標は何ですか?

1 2