コラム 乳がん母さんの明るい共病38|がん患者歴8年目、今現在の治療状況は……?~その1~

なんだかすっかり外の世界では秋の気配がただよい始め、桜の季節も夏の海水浴も花火大会も、ニンテンドーSWITCHの『あつまれ どうぶつの森』でしか経験していない今年、2020年。おそらく、ハロウィーンも紅葉狩りも年末のてんやわんやも『あつ森』の中だけで完結しそうな予感さえして、私の中では「なかったことになっている年」になりそうです。

これまでのお話はコチラ

……とはいうものの、ちょっとずつギアを上げて社会は動き、元に戻ろうとしていますよね。なんなら政権も変わっちゃったし。

何度も何度もここで書いていますけど、乳がん生活8年目。フツーに生活は送れるけれど、コロナにかかったら、多分、一発でアウトな私ですので、人よりちょっとばかり気を使って暮らしています。

といってもね、「人混みを避ける」とか、「少しでも外に出たら徹底した手洗い」、「疲れをためない」とかね。まっっっったく当たり前な事ばっかりなんですけども。

いや、「当たり前な事」って、案外、侮れませんよ。これは半世紀以上も生きてきた私の実感です。

ちなみに、これも何度も書いていますが、この1年で私がいちばん痛感した「当たり前な事」って、「食べる量を減らせばやせる」でした。いや~、盲点!!高いダイエット食品だの、お金を払っただけで行った気になっていたスポクラの会費だの、何十年にも渡ってコツコツと納税のように払い続けてきた私ですが、夕飯の量をちょっと減らせば、何もしなくても体重は減ると知りました。ほんと盲点でしたよ!!(←マジでバカ)

と、いうわけで。

不要不急の外出は避け、買い物はほとんどネットで済ませ、日常の食料品でさえネットスーパーで届けてもらう、出不精にもほどがある最近の私なんですが。

「乳がんの治療とかどうなってるの?」と知りたい方もいらっしゃるかもしれません。……たぶん、全国で6人くらい?

現在の治療状況

2020年現在での私は、月に1回、病院に行って医師の診察を受け、1か月分の薬を出してもらっています。ちなみに街中の調剤薬局などでは置いていない薬なので、院内処方になります。そりゃそうだ。そんな簡単にがんの治療薬なんて街中にあったら困る、って気がします。なんとなくだけど。

あとは3か月に1回程度、病院で検査を受けてがんの状態をチェックしています。CTとかMRIとか胸部のエコーとかですね。

今は「良くはなっていないけれど、そんなに悪くもなっていない」という低空飛行の現状維持が続いていますね。この1年くらいはそんな感じです。

月に1度、病院に行って待合室で1~2時間待たされてから、「どう、最近は?」「ぼちぼちですね~。あんまり変わりません」と、まるでオヤジのゴルフ談義のような会話を医師と交わし、薬をもらって帰ってくるだけですから、今の私に関していえば、そんなに治療に振り回されることもなく、ほぼほぼフツーの生活を送れています。

1 2