【ヲタクのきもち】ジャニーズのバーチャルアイドル参入でモヤモヤしている人へ

【ヲタクのきもち】ジャニーズのバーチャルアイドル参入でモヤモヤしている人へ

こんにちは。ただのヲタクこと、あくにゃんです。

ぼくは、K-POPやジャニーズ、ジャニーズJr.などの男性アイドルのことを1日中考えては、熱狂的にも批評的にも、こよなく愛する男性のヲタクです。

今回、多くの方から『ジャニーズが、バーチャルアイドルに参入した件についてどう思いますか』と聞かれたので、そのことについて書いていきたいと思います。

事前の予想とのギャップが大きすぎる

まず、キャラクターが公開される前から聞いていた感じですと、5名か7名のグループをバーチャルで制作するのかな?と思っていたのですが……今回発表されたバーチャルアイドルは2名でした。あまりにも少なすぎませんか。こういった架空アイドルの場合、5名か7名が妥当ですし、直近ジャニーズからデビューしたアイドル5組の平均人数も6人と大人数なので、なぜ今回は2人なのだろうかと考えてしまいました。おそらく『金額面』が大きいのかなと思います。

VTuberなどバーチャルで人間を再現する場合には、表現方法に段階があり、口だけ動くものであればまだ金額は抑えられるのですが、今回のように手足が実際に動く仕様にした場合は、金額がかなり跳ね上がります。1体100万円は余裕で超えるそうです。

まずはトライアルということもあり、2人からの始まりなのかなぁとも考えられますが、ここで、“トライアル感”や“ケチっている感”が出てしまうと、「あれ本気じゃないのかな?」と思ってしまいますよね。事務所側も、事務所に話を持ちかけた側もお互いに責任を取らないようにしている感じがなんとな~く漂っている気がしてならないです(笑)。5人用意しないことで、生活者に「どこまで本気なのだろう」と、ある種の不信感を抱かせてしまう気がします。

ですが、前述の通りすでに引き返せない金額が発生していると思うので、本気で取り組むのかとは思いますが……どんな仕掛け方をするのか楽しみでもあります。

これはPRの一貫なのか

バーチャルアイドルのキャラクターボイスは、ジャニーズJr.内ユニット『なにわ男子』のお二方が担当しています。

ぼくは、最初このリリース文などを見た時に、真っ先に『彼らを売り出すための施策』なのかな?と感じました。デビュー発表をハワイでする!とか、バレーの試合に合わせて新しいグループをデビューさせる!という、過去にも様々な方法で、最初からブーストさせて世の中に認知させて来ましたが、今回もなにかしらのインパクトを持ってして世間に彼らを認知させたい!という要望があり、それに応えた形がバーチャルアイドルなのかなと思います。3次元のリアルな男子しか扱ってこなかったジャニーズがやる面白さや・ギャップを持ってして世間に広げていく施策なのかなぁと。

2次元のファンにジャニーズの応援方法は厳しいのではないか

デジタル上での施策を実施する上で最も大切なのは『KPI』をどこに置くかなのですが、KPIとはKey Performance Indicatorの略で、施策の実施に当たり、なんの数字がどのくらいまで達成すれば評価に値するのかを決めます。

売上げの数なのか、この施策の発表ツイートのRT数なのか、サイトのクリック数なのか、Twitterトレンドの順位なのか……など多くの指標が存在します。ジャニーズの場合、この施策発表時前後での、彼ら名義で増えたジャニーズジュニア情報局の人数でも、計測可能ですよね。

なにがKPIなのかめちゃくちゃ気になる……!

ジャニーズで2人組は、最近にしてはめずらしいことなのです!

1 2
アラサー 恋愛 キャリア アラフォー 浮気事件簿 貧困女子 アプリ その1 結婚 浮気 時短 運勢 恋愛運 美人探偵 不倫 金運 占い 婚活 セカンド 恋愛講座
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。