【ヲタクのきもち】新元号『令和』でジャニーさんがやりそうなこと~愛すべきトンチキ世界~

【ヲタクのきもち】新元号『令和』でジャニーさんがやりそうなこと~愛すべきトンチキ世界~

こんにちは。ただのヲタクこと、あくにゃんです。

ぼくは、K-POPやジャニーズ、ジャニーズJr.などの男性アイドルのことを1日中考えては、熱狂的にも批評的にも、こよなく愛するヲタクです。

新元号が発表されましたが、ぼくの周りの人の多くは『なにも変わらなくない?』と言っています。ですが、ジャニヲタにとって、元号が変わるということは一大事です。それがなぜか今回は語っていきます。

あくにゃん近影。

強烈なジャポニズム

ジャニヲタをしていて忘れてはいけないことは、『ジャニーさんが日本文化を愛しすぎている』ということです。これは彼が手がける舞台などにもかなり色濃く反映されており、着物を着たジャニーズJr.の子たちが、歌いながら三味線や和太鼓を演奏するシーンや、1曲の間に大きい筆で書道をするシーンなどがあります。

ですが、ジャニーさんは、我々の斜め上を行く方なので、ただ太鼓を叩かせることはさせません。手前ではローラースケートに乗りながら太鼓を叩かせ、後ろでは太鼓の上でタップダンスが始まり、さらに舞台後方では30人近いJr.が三味線を弾きだし……と、やりたい放題です。

これらに対しファンも感覚が狂ってきているからか、免疫ができているからなのか、正直、慣れている部分があります。そして、この奇行とも捉えられる世界観を、ジャニーズファンは、親しみを込めて『トンチキ』と呼称します。

そもそも理解不能が前提のため、もう今さら『意味不明』とか『辻褄が合っていない』とか言う人は誰もいません。その代わりに『いや~トンチキだったねぇ~』という会話をします。

グループ名もトンチキ?

Hey!Say!JUMPという名前を初めて聞いた時の衝撃は今でも忘れません。最近でもこのネーミングセンスは健在で、『東京B少年』や『ちびっこ忍者』はかなりインパクトがありました。『東京』や『忍者』という日本の地名や、日本らしい要素をいれる文化は、『なにわ男子』や『7 MEN 侍』とったグループがからも伺えます。ネーミングセンスは『ジャポニズム×トンチキ』の合わせ技なわけです。

ジャニーズのネーミングはとにかくすばらしい。

1 2
美人探偵 婚活 恋愛講座 アプリ アラサー 浮気事件簿 占い その1 結婚 セカンド 浮気 不倫 キャリア 恋愛 アラフォー 恋愛運 貧困女子 金運 時短 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。