【ヲタクのきもち】たとえ蹴られても、アイドルにチケット代より高いモノを貢ぐ理由~ブランド物編~

【ヲタクのきもち】たとえ蹴られても、アイドルにチケット代より高いモノを貢ぐ理由~ブランド物編~

推しがダサい

プレゼントをする理由で『だって推しがダサいんだもん』というファンもいます。

推しが自分で選んだ私服の組み合わせがあまりにもダサすぎるので、おしゃれになってほしくて買うそうです。

写真を見せてもらいましたが、「お前の腰の位置はどこにあるんだよ!」「そしてなんだその世界一無意味な水玉は!」みたいな服でした。

その推しは、全てがダサいそうなので、さっきのアクセサリー類とは違い、貢いだモノは頭の先から爪先まで、つまり帽子や靴下も含めた全身分になるそうです。推しのトータルコーディネートを1ファンがすることになるわけです。

1度だけ、頭の先から爪先まで自分の服で、全て揃ったことがあるらしく、『推しでマネキンを作ったったww』とそれはそれは喜ばれていました。

まとめ

プレゼントをする際に、ぼくもやりがちなのですが、みなさんはどのくらい“エゴ”を入れますか?

ぼく自身、推しが好きなブランドよりも、自分が着て欲しい服を選んでしまいます。

「これ似合いそう!」「この色、絶対に似合う!」「これ着ているところみたいなぁ~」など、本当に純粋な気持ちなのですが、推しの好みに沿っていないことも多いです。

気に入ってもらえなければ着てもらえないのも分かっていますが、ぼくは『着てもらえればラッキー』くらいの感覚で、(傷つかないための自己防衛でもある)それよりも、推しに似合うモノを探している時間が楽しくて好きですし、プレゼントをもらった時の嬉しそうな推しの顔のせいで、やめられなくなっていますね。着てくれないのに(笑)。

とはいえ、推しが着てくれた日には、「うわぁぁぁ!かわいいいいい!優しい!!!!ほら似合ってんじゃん!!!!やっべぇえ自分も同じモノ買わなきゃ!」と、2週間くらいは最高に晴れやかな気持ちになるので、やっぱり“貢ぎ行為”はオススメです。

ぼくたちは、推しへのプレゼント同時にワクワクな気持ちも買っているのかもしれません。

それでは今週も、推しと推しあわせに~。

絶対嘘だとわかっていても、貢いでしまうわけです。それがヲタ心。

1 2
浮気 アラフォー キャリア 不倫 運勢 アプリ セカンド 占い 恋愛運 金運 浮気事件簿 婚活 美人探偵 時短 恋愛講座 恋愛 アラサー その1 結婚 貧困女子
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。