【ヲタクのきもち】固定ファンサ、同担拒否……アイドルに“お気に入り”のファンがいるのは妥当か?

【ヲタクのきもち】固定ファンサ、同担拒否……アイドルに“お気に入り”のファンがいるのは妥当か?

こんにちは。ただのヲタクこと、あくにゃんです。

ぼくは、K-POPやジャニーズ、ジャニーズJr.などの男性アイドルのことを1日中考えては、熱狂的にも批評的にも、こよなく愛するヲタクです。

あくにゃん近影。

どの界隈のアイドルにも必ずつきまとうのが、同じ推しを追う人への僻みや嫉妬などからくる『同担拒否』(※1)問題です。

※1「同担拒否」とは、同じ担当(推し)のファンと仲良くすることを避けている人を指す言葉で、SNSのプロフィールに「同担拒否」と書いている人も多く、その場合は同担の人のみフォローしてはいけない。

他の人の推し方 / かまわれ方なんて気にしなきゃ良いのに、アイドルといる時間よりもファンといる時間の方が長いせいでか、プラスな対応をされている人を叩く風潮すらあります。

これらの野次も昔は目に見える / 直接悪口が聞こえる範囲で収まっていましたが、最近は、SNSの発達もあり、プラスな対応をされているというだけで、すぐさま全国に広まるので、ぼくも会ったことすらない15歳の学生から『同担拒否』のメッセージが送られて来たことがあります。

そこで今回は、特別扱いされたいヲタク / 特別扱いされないヲタクについて書いていきます。

ヲタクの揉め事は『オープニングアクト』

揉め事は、SNSを中心とした空中戦(※2)と、リアルな現場などで起きる地上戦とに分けられます。

※2 空中線についてはまた別の機会にでも書きますね。

地上戦では、席の取り合いというオープニングアクトから始まります。

整理番号の早い人が、数席に自分の荷物を置いて、そのままトイレに逃げるという手段をよく使います。

とある公演での様子、最前列5席分にモノが置かれています。

整理番号が自分より後ろのあいつが、なんで自分より前にいるんだ!という経験はだれにでもあるかと思います。

では、なぜそこまでして良い席で入りたいのか……。

それは、推しをよく見たい!推しから見える位置に座りたい!というのもさることながら、

自分の目の前で推しからファンサをされている同担を見たくないというファン心理もあります。

同担がファンサされているところを見たくなくて、入場の際に、あえて嫌いな同担とは逆サイドに入る人もいます。

逆に把握したくて、入場と同時に同担のうちわを双眼鏡で全て探し出して、出席確認を取っている人も居ます。

うちわの文字の配色で、だれが来ているか分かるそうです。

推しを見に行くだけでなく、周りのファンをも監視して、その日の動きが変わるのって、なんだか面白いですよね。

うちわの文字や装飾で、誰が来ているかがわかる……!

1 2
恋愛講座 金運 浮気事件簿 運勢 貧困女子 キャリア アラサー 占い 婚活 アプリ 美人探偵 浮気 アラフォー 恋愛 恋愛運 セカンド 時短 その1 結婚 不倫
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。