コラム 【ヲタクのきもち】アイドルを推すゴールってなんだろう?恋人になりたいの?

友達になってどうすんの?

ファンの中には、推しと「友だちになりたい」「繋がりたい」という思いをもつ人も一定数います。

ぼくは、ある程度“無理して”アイドル視している節があるので、友達になった瞬間にアイドルとして見ることができなくなります。

ぼくにとっては、推しと繋がれてしまうことも、推しが、“普通の男の子”だったなんてことも、絶望以外の何物でもありません。

 実際に、繋がった知人を見ていても、別にチケットを用意してもらえているわけでもなく、していることは他のヲタクと変わらないパターンも多いですし、日常品を買わされている人もいました。

 「他の人は繋がれないのに、私は繋がれている」という高揚感や、背徳感による嗜好があるのかもしれませんが……あなたと繋がるアイドルなんて、他の人とも繋がっているんじゃないの?って思っちゃいます。

「恋人になりたいわけじゃない」は本当か

よく、街角インタビュー的なもので、「恋人になりたいわけじゃない」と言っているファンをテレビで見たことがあります。

バラエティーでも「友だちや恋人になれるわけじゃないのに!」と、MCに突っ込まれた際には、多くの方が「別に恋人になりたいわけじゃないんです!」と、何度も否定してきました。

本当でしょうか?

ぼくが、地下アイドルの現場にいて驚いたことは、“推しと付き合いたい”と思っているファンが一定数いることです。

アイドルと付き合いたい発言は、本来「妄想と現実の区別がついていない人」、「アイドルにいれあげている痛い人」という見方をされてきましたが、案外ざらにいるんだなと、今では免疫がついています。

もちろん、“痛い人”という烙印を押されることは間違いないのですが、「そのくらい好きじゃなきゃ、こんなに応援できないよ」みたいな意気込みも、まぁ理解はできます。

現在は、「推し」という言葉がアイドルのみではなく、同じクラスの男子や、先輩に使うくらい軽いものになりつつあるので、眼差す対象と、愛でる対象とがごっちゃになっている印象も受けます。

まとめ

アイドルを応援する際の“ゴール”が、結局は向こう側の急な卒業でしかないからか、長い月日を応援していく間に、なにかしらの“着地点”をもとめてしまうんだろうなぁ……と、書いていて思いました。

認知された上で、応援し続けることしか、やれることはない。というこの距離感が好きなぼくもいれば、物足りなさや、虚無を感じる人もいるだろうなぁとは思います。

ぼく個人としては、絶対にやめたほうが良いと思いますけどねぇ……。

それでは今週も、推しと推しあわせに~。

友達でもないいし、他人でもない不思議な距離感ですよね。

1 2