コラム 【ヲタクのきもち】推しの後輩グループ誕生に、素直に喜べない理由

こんにちは。ただのヲタクこと、あくにゃんです。

ぼくは、K-POPやジャニーズ、ジャニーズJr.などの男性アイドルのことを1日中考えては、熱狂的にも批評的にも、こよなく愛するヲタクです。

あくにゃん近影。

日本、韓国ともに、日々新しいアイドルが出続けていますが、その中には「◯◯の弟分!」「後輩グループ誕生!」というキャッチコピーと共に、世に出るアイドルがいます。

ぼくの推しにも、とうとう「弟分」ができたのですが……正直に言うと、全く喜べませんでした。

自分の推しにとっては、彼らが“脅威”になるからです。

今日は、弟分が出てきた時の、先輩グループを応援しているヲタクとして、感じたコトを書いていきます。

あれ?弟分の方が扱い良くないか?

まず、知らなかったです。

こんな2000年以降生まれの男の子たちを、事務所が抱えていたことを……。

もちろん、弟分の子たちには初々しさや、慣れていない手探りな感じがあって、かわいいんですよ。

それに「推しも、お兄ちゃんになったのかぁ~」という感動もあるんです!

でも、なぜかモヤるんです……。

それはきっと、今までの自分のヲタ史の中で、後輩グループのほうが人気になる瞬間を何度も見てきたからだと思うんです。

更に、弟分たちは、初っ端にかけてもらえる金額が全然違うんですよね。

先輩たちはPV作るのにどれだけファンがお金を使ったか……あのきれいなレッスン場を使うようになるまで、どれだけ期間を要したか……。

しかし、後輩はもう初っ端からPVがあったり、衣装も豪華だったりするんですよね(笑)。

先輩たちより良いスタートダッシュを切れる分、人気になるまでが早かったりするんですよ……。

後輩登場で、肩身の狭くなる先輩たちも

弟分が出るタイミングって、先輩グループの活動が2~3年くらいしてからなんですよね。

先輩たちが人気絶頂のときには、後輩グループを作らないじゃないですか。

逆に言うと、人気も落ち着いてきたタイミングで、後輩グループ誕生が発表されるので、先輩たちを応援していたファンからすると焦るんですよね。あれ?推したちは大丈夫かなって。

ですが、今思い返せば、ぼくの推したちも、先輩グループを退けていたんです。

韓国では、芸能事務所が寮を持っていて、そこで共同生活をするシステムが多いのですが、当時、事務所は寮を増やさずに、そこにいた先輩たちを、それぞれの実家に帰らせました。

そして、空いた寮にぼくの推したちが入ったのです。

この時の、先輩グループのファンの方からは相当叩かれたんですよ。

もちろんそのファンの方たちも推しを想う「善意」だったと思うのですが……やはり焦りもあったのだと思います。

実際に後輩のグループのほうが2~3倍以上の集客をしていたので……。

そして、そのまま先輩グループたちは解散したので、後輩グループのファンとしてもなんだか申し訳ない気持ちにもなりました。

寮自体が増えれば、いいんですけどね。

1 2