コラム 【ヲタクの気持ち】ヲタクをするとかわいくなる理由~推しができて、かわいくなった~

こんにちは。ただのヲタクこと、あくにゃんです。

ぼくは、K-POPやジャニーズ、ジャニーズJr.などの男性アイドルのことを1日中考えては、熱狂的にも批評的にも、こよなく愛するヲタクです。

あくにゃん近影。

先日、「推しのために」かわいくなりたいというツイートをしたところ、共感の声が集まりました。

ただ、かわいくなりたいのではなく、「推しのために」という理由が、一部のヲタクにはあります。

実際に、ぼくは3か月の公演期間があるならば、どんどん顔がかわいくなっていく自信があります(笑)。

なぜ、その現象が起きるのか、今回は書いていきます!

推しのために、自分を変えていく

「推しのために」は2種類あります。

推しから、かわいいと思われたい!という【自分に目が向いているタイプ】

推しのファンにはかわいい子が多いと思われたい!という【周囲に目が向いているタイプ】があります。

後者は、集団心理というのか、帰属意識というのか、周りを気にしすぎなのか分かりませんが、一定数います。

同じグループ内でも、アイドルが横比較されているように、ファンダムも比較をされがちで、暗黙の了解で“ドレスコード”のようなものも、各グループごと(もしくはファンごと)にある印象を受けます。

どういう理由であれ、「かわいくなければ……!」という一種の強迫観念があるようにも思えるのですが、実際は楽しいんでいるケースも多いように感じます。

みなさんはどうでしょうか?

メイク直しに命をかける

公演が終わって、4秒後にはメイク直しが始まります。

公演後に特典会があるグループでは、なおさら顕著です。

椅子に鏡を置き、前髪にカーラーを付け出します。

熱されたヘアアイロンが、ナチュラルに出てきたときは驚きました。

今は、電池式のタイプや、スマホの充電用バッテリーから電力を得るタイプなど様々ですが、

盗電されないように、電源にガムテープが貼ってある会場も多いです(笑)。

家で仕込んでくるメイクと同じくらいの顔面を、アイドルの会場でも再度作るのです。

最新情報が集まる場所

そもそも、最新のコスメ事情が知ることができるのも大きいと思います。

一気に何十人者の人間がメイクをしだす空間って、そうそうないじゃないですか。

気になっていたコスメや、新発売の商品の質感や色味、使った感想などを直接知れるわけなので、実際にコスメの貸し借りは多く発生しています。

「整形」についてのトークも多くされます。

どこにヒアルロン酸を入れたとか、二重を縫った、切った、シミを消した。

そして、これらを「推しになんと言われたか / 気づかれたか」も、セットで情報として回っていくところが、なんとも面白いです。

なんか嬉しそうだったよ。
1 2