【ヲタクのきもち】推しのシンメ(組み合わせ)が苦手でツラい

【ヲタクのきもち】推しのシンメ(組み合わせ)が苦手でツラい

『シンメ』とは、シンメトリーの略で、立ち位置が左右で対象になることを指しますが、最近では仲の良い2人組や、ユニット内でも人気のある組み合わせを指す際にも使われるヲタク用語です。

推し単体もさることながら「あの2人組だから好きなの!」みたいなテンションのファンも増えてきています。

しかし、人対人ですから、推しのことは良くても、推しのシンメが苦手というファンも一定数存在します。

かわいいかわいい推しの出番を邪魔してしまうシンメもいますし、今日はそのコトについて考えていきたいと思います。

シンメの最大の罪は2人1組の選択肢がシンメ一択になることです。

ファンであれば、色々な組み合わせが見たいですし、いろんな子とのハモリを聞きたいのですが、シンメがいると、問答無用でシンメと組まされることが多くなります。

例えば、雑誌においても「メンバーの中で恋人にするなら?」という質問がされる際に、シンメはお互いを選びがちです。もちろん本当に仲のいいパターンもありますが、多くの場合はファンが求める「シンメ仲良し幻想」を守っての行動だとぼくは考えます。

忘れないで下さい。彼らは、あくまでも、立ち位置がシンメなだけです。

ぼくはこれを『シンメ営業』と呼んでいます。シンメ営業に囚われたアイドルはシンメを優先するあまり嘘を付くこともあるので注意です。

シンメになる諸条件

そもそもシンメが出来上がる条件を、大きく分けると下記の3つです。

(1)ガチで仲の良い2人組が、ファンの間でも周知し、運営側も応えるパターン

(2)運営が推したいツートップで組まされるパターン

(3)歌のうまい2人がそのままデュエット的に組まされるパターン

個人的には(1)が最高に最高です(笑)。

仲良くなった理由によくある「高校が同じだから」「入社のタイミングが同じだから」を抜いてぶっちぎり1位の萌えエピソードは、やはり「帰る方向が一緒だから」ですよね、分かります。地元や高校が一緒なわけではないけど、練習生時代、レッスンから帰る方向がたまたま一緒だったからなんとなく、仲良くなった。そのくらいの距離感が、だいぶエモーショナルです。妄想するとエモすぎて胸焼け起こすレベル!!!!(伝われ)

シンメはある意味、運命共同体。

1 2
時短 金運 恋愛運 浮気 運勢 アラフォー 不倫 結婚 美人探偵 占い 浮気事件簿 恋愛講座 アプリ アラサー 貧困女子 セカンド 婚活 その1 恋愛 iPhone
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。