【アプリ婚】“超個性派”の彼女が、お見合いアプリで自分に合った相手を見極めた方法とは?~その1~

【アプリ婚】“超個性派”の彼女が、お見合いアプリで自分に合った相手を見極めた方法とは?~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在35歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。昨年2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

☆☆☆

前回に引き続き、つい最近お見合いアプリで彼氏が出来た友人カップルへのインタビューを元に記事を作成しました。(前回の記事はコチラ

赤いメッシュの入ったショートカットに個性的な眼鏡がチャームポイントの、いわゆる“ザ・モテ系”とは全く逆の我が道を行く超個性派な、ふみこさん。そんな彼女がお見合いアプリを始めて、彼氏になった男性は、なんとアプリに登録してから、わずか2時間後くらいに“マッチングした一人目の人”だったのです!

今回はマッチング後のふみこさんのお話をお送りします。

“本当に自分に合った相手なのかを見極める方法”も個性的でした……!

「飲みませんか?」じゃなくて「お茶しませんか?」が高ポイント

「飲みに行きませんか?」が負担になるケースも。

プロフィールには記載していなかったけれど、実はお酒が苦手なふみこさん。

マッチングした、しょう君から「お茶しませんか?」と言われたことがかなり高ポイントだったそう。

「お酒飲めないので、『飲みに行きませんか?』と言われると、気張っちゃうんです。」と語るふみこさん。

1回目のデートのお誘いでは、自然と「今度飲みませんか?」と言ってしまいがちですが、初対面の相手を気遣ってお酒ではなくお茶にしてくれたことに相手の優しさを感じますよね。

逆に私の夫は、一緒にお酒の席を楽しめる人が良いと思っていたのであえて毎回「飲みに行きませんか?」と誘うようにしていたようです。

最初のお誘いも、お互いに“合う合わない”の大事な判断材料のひとつになるんですね。

1回目のデート後に見たインスタがきっかけで……

初対面では、逃げ出したくなるほど緊張!

相手のしょう君は、プロフィール画像が全身の写真と顔がわかりにくい写真のみだったので、当日会うまでは、どんな人が来るのか不安と緊張で逃げ出したくなるほどだったそう。

会う日を決める時、年末で仕事が忙しく、返信が遅くなってしまった、ふみこさん。

それに対して、しょう君から「脈無しかと思っていました」という返信が来たことで、“自分の気持ちを素直に表現してくれる良い人なんだ”と思い、会うことに。

実際に会ってみると「アリな感じ」という印象を受けたそうですが、1回目なので正直なところまだわからないというのが本音だったようです。

デート後に、交換したインスタのアカウントを見てみたら、なんと自分が行った展覧会に彼も行っていたり、同じような構図で写真を撮っていたり……!

自分との共通点をたくさん見つけたことで、「気が合いそう!もう1回会いたい」という気持ちがどんどん膨らんできたようです。

私も夫と1回目のデートの後に、夫が出ていた動画をYoutubeで見つけて見たことで、初対面の時には見えなかった一面を見ることができ、「もう1回会ってみたい」と思った経験があります。

1回目会った時に「ナシじゃなくてアリかも」と思ったら、アプリではわからないお互いのことを知る為にも、SNSを交換するのも手かもしれません。

1 2
恋愛 運勢 恋愛運 金運 結婚 iPhone アラサー 浮気事件簿 婚活 不倫 美人探偵 アプリ 恋愛講座 占い アラフォー 浮気 貧困女子 セカンド 時短 その1
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。