コラム 【アプリ婚】マッチングアプリで誕生したカップルへインタビュー!男性が見ていたのは、やっぱり顔!?~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在35歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

 

前回、前々回に引き続き、つい最近お見合いアプリで彼氏が出来た友人カップルへのインタビューを元に記事を作成しました。前回の記事はこちら。

赤いメッシュの入ったショートカットに個性的な眼鏡がチャームポイントの、いわゆる“ザ・モテ系”とは全く逆の我が道を行く超個性派な、ふみこさん。

そんな彼女がお見合いアプリを始めて、彼氏になった男性は、なんとアプリに登録してから、わずか2時間後くらいに“マッチングした1人目の人”だったのです!

今回はふみこさんの彼氏になった、しょう君目線のお話をお送りします。

アプリを始めたきっかけは……

工業系出身で友人も職場も、気がつけば周りは男性ばかり……。

しょう君がお見合いアプリを使いはじめたきっかけは、妹の結婚式に出席した時に父から「誰か良い人はいないのか?」と聞かれたことでした。

普段は男性がほとんどの建築系の仕事に携わる、しょう君。日常生活の中では女性との出会いはほぼ無かったと言います。

そこで、SNSで見かけたお見合いアプリのことを思い出し、意を決して登録をすることに……!

“いいね!”を押す基準は、やっぱり顔!?

でも、その“顔”ってどんな顔?

誰もが気になる、“いいね!を押す基準”について聞いてみると……「まずは顔です」とのこと。

これまでインタビューをした男性たちの多くも「まずは顔」とのことだったので、やっぱりか〜!と思う反面、“ザ・モテ系”ではない、ふみこさんを選んだ理由をもう少し詳しく聞いてみました。

「派手な感じの人よりも、蒼井優とか黒木華みたいな、さっぱりした顔の人が好みなので、そいう人に“いいね!”を押していました。」という、しょう君。なるほど!

私自身アプリ婚活中に、同じくアプリ婚活中だった女友達と、やりとりしている男性のプロフィールを見せ合ったことがあるのですが、「もしかして同じ人とやりとりしていたらどうしよう……」という不安に反して、おのおのが全く違うタイプの男性とやりとりしていました。

当たり前のことですが、異性の好みは人それぞれです。

ましてや自分のパートナーとして選ぶ異性となると、誰もが「イケメン!」とか「美人!」と思うようなタレントやモデルとは選ぶ基準が違ってくるのも当然です。

なので、この記事の読者の中に自分の容姿に自信が無いという理由でお見合いアプリを使うことを躊躇している方がいたら、躊躇せずにまずは始めてみて!と背中を押したいです。

1 2