【アプリ婚・妊娠出産編】心のどこかで“自分は子供を持つ資格が無い”と思っていたこと~その1~

【アプリ婚・妊娠出産編】心のどこかで“自分は子供を持つ資格が無い”と思っていたこと~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在35歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月にお見合いアプリで出会った男性と結婚し、今年2月に出産をしました。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

結婚するまでは、仕事と趣味に没頭する日々で、彼氏こそ欲しいなと思ってはいましたが、結婚に関しては「世間的には、いつか結婚をした方が良いのかもしれない……」とぼんやり思うくらいで、ましてや出産に関しては「いつか私も出産するような日が来るのだろうか……」と、まるで遠い世界のことのように思っていました。

それゆえ知識も浅く、いざ出産するとなったら驚きの連続でした。

妊娠出産編では、自分の体の変化、周囲とのギャップ、仕事と出産の悩みなどを自身の体験を元にご紹介していきます。

もちろん妊娠出産に関しては、体の変化も人それぞれですし、考え方も様々なので、あくまでも私自身の一体験として読んでいただければと思います。

連載第1回となる今回は、出産するまでの私が、子供を持つということに対してどう感じていたのかをひも解いてみました。

ここ数年で、“結婚も出産も、することもしないことも自由に選択でき、そのどちらも平等に尊重されるべきである”という空気がようやく広まりはじめたと感じています。

ですが、デリケートな話題であることには変わりなく、まだまだ自分の意見を言いにくい話題ですよね。古くから浸透してきた“こうあるべき”という目に見えないプレッシャーから、自分の本来の気持ちに向き合わずに過ごしている方も多いと思います。

私はまさに、そうでした。

今回の執筆を機に、自分と向き合うことで、自分は心のどこかで「自分は子供を持つ資格が無い」と思っていたことに気がつきました。

■自分のことすら、ちゃんと出来ていないから

自分ひとりの将来のことを考えるだけで胃がキリキリ……。

私は結婚を目前に、それまで勤めていた会社を辞め、フリーランスになりました。

上の人の提案で部署移動をするはずが、本国(外資系だったので)の承認が降りず宙ぶらりんになってしまった為、思い切って辞める道を選んだのです。

そんな状態だったので、“家族を持つこと”よりも先に、自分のことが不安で不安でしょうがありませんでした。

そんな不安を口にすると、「結婚するんだから、お金のことは気にしないで、自分の好きなことをやれるでしょう?」という言葉をかけられることもありました。

結婚したら“夫のお金でラクして暮らせる”というニュアンスの言葉が私にはどうしても理解できず、不安はさらに増していきました。

『結婚したからって、自分の手でお金は稼ぎ続けたい。でも、フリーランスとしてきちんと稼いでいけるのかまだわからない』

そんな“自分のこと”すら自分でままならない状態の私が、子供のことまでちゃんと出来るとは到底思えませんでした。

『出産したら、自分のことよりも子供のことを優先して考えるのがきっと当然なんだよね……』

それなのに、自分の仕事のことばかり心配をしていること自体が、とてもエゴイスティックに感じられ、ますます私を“子供を持つ資格が無い”ものに感じさせるのでした。

1 2
浮気 浮気事件簿 婚活 金運 その1 セカンド 時短 占い 美人探偵 恋愛運 キャリア 結婚 アラフォー 恋愛 アラサー 恋愛講座 アプリ 貧困女子 不倫 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。