【アプリ婚・妊娠出産編】出産をすると、自分が自分でなくなってしまうのでは?という不安~その1~

【アプリ婚・妊娠出産編】出産をすると、自分が自分でなくなってしまうのでは?という不安~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在35歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月にお見合いアプリで出会った男性と結婚し、今年2月に出産をしました。

結婚するまでは、仕事と趣味に没頭する日々で、彼氏こそ欲しいなと思ってはいましたが、結婚に関しては「世間的には、いつか結婚をした方が良いのかもしれない…」とぼんやり思うくらいで、ましてや出産に関しては「いつか私も出産するような日が来るのだろうか……」と、まるで遠い世界のことのように思っていました。

それゆえ知識も浅く、いざ出産するとなったら驚きの連続でした。

妊娠出産編では、自分の体の変化、周囲とのギャップ、仕事と出産の悩みなどを自身の体験を元にご紹介していきます。

もちろん妊娠出産に関しては、体の変化も人それぞれですし、考え方も様々なので、あくまでも私自身の一体験として読んでいただければと思います。

これまでの【アプリ婚】はコチラ

☆☆☆

前回は、“子供を持つことへの不安”について触れてみましたが、今回は、“出産で自分自身が変わってしまうのでは?”という不安についてひも解いてみることにしました。(前回の記事はコチラ

妊娠をすると女性の体には様々な変化が起き、出産後も授乳やオムツ替えなどなど生活リズムも様変わり。いやおうなしに“変化のオンパレード”が続きます。

私自身、実際まだ“変化のオンパレード”のさなかなのですが、昨年7月の妊娠発覚から、すでに1年以上が経ったこともあるせいか、ようやく“変化のオンパレード”ともうまく付き合えるようになってきたという状況です。

しかし、妊娠以前の私は、その“変化のオンパレード”を必要以上に恐れていました。

「きっと、出産すると自分自身が、自分ではない何か(母親と呼ばれる何か別の存在)に変わってしまうのだ……」と。

自分の仕事のキャリアはもとより、自分自身の考え方やアイデンティティーまでもが変化してしまったり、さらには消えてしまったりするかもしれない……そんな不安が、実は結婚後もしばらくつきまとっていたのです。

■出産をしたら内勤の部署に異動するのが普通だった

働くお母さんたちが輝ける部署は一握りだった。

2006年の春、大学を卒業後私が入社したのは当時国内で1番大きいと言われていた外資系の広告代理店でした(とはいえグループ全体で500人ほど)。

入社後半年の間、様々な部署をまわるOJT研修ののち、制作本部に配属になりました。

当時、制作本部には90名くらいの社員が在籍していて、そのうち女性社員は半分より少し少ないくらいの人数でした。同じ業界の他社に比べると、女性が多い会社だと言われていました。

制作本部には、バリバリ働くカッコいい女性の先輩がたくさんいて、「あんなふうになりたい!」と、とても憧れたのを覚えています。

ただ、その女性の先輩たちの中には子供がいる人は1人もいませんでした。当時の私は結婚や子供を持つ事をまったく考えていなかったので、その事に対して何も思いませんでした。

家庭と仕事、どちらかひとつを選ばなくてはいけない。出産したら、時短勤務が出来る内勤の部署(人事や総務など)に異動する。それが当然というような空気がありました。今からたった13年前の話です。

同期の女性の中には、「制作の女性って子供いる人、1人もいないんだって!子供産んだら仕事出来なくなっちゃうのかな?」「人事の〇〇さん(女性)って、もともと営業にいたらしいけど、子供産んでから人事に異動したんだって。」「〇〇さんもそうらしいよ。」と、自分の将来の不安を口にする人もいました。

そして、そんな不安を口にしていた同期の女性達は、なんと出産後も部署を異動することなく、そのまま前線で働く道を進みました。新しい時代を切り開いたのです。

広告業界は深夜残業や休日出勤、出張も当たり前で、他の業界と比べると、仕事と家庭の両立は容易ではないことが想像に難くないです。前例がないからと言って、両立を諦めなかった彼女達を本当に誇らしく思っています。

1 2
アラサー 美人探偵 運勢 恋愛運 不倫 キャリア 浮気 結婚 婚活 アプリ セカンド その1 金運 貧困女子 恋愛 恋愛講座 時短 アラフォー 占い 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。