【アプリ婚・妊娠出産編】憧れの無痛分娩で出産したけど、結局痛かった話~その1~

【アプリ婚・妊娠出産編】憧れの無痛分娩で出産したけど、結局痛かった話~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在35歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。2017年2月にお見合いアプリで出会った男性と結婚し、今年2月に出産をしました。これまでのお話はコチラ

結婚するまでは、仕事と趣味に没頭する日々で、彼氏こそ欲しいなと思ってはいましたが、結婚に関しては「世間的には、いつか結婚をした方が良いのかもしれない……」とぼんやり思うくらいで、ましてや出産に関しては「いつか私も出産するような日が来るのだろうか……」と、まるで遠い世界のことのように思っていました。

それゆえ知識も浅く、いざ出産するとなったら驚きの連続でした。

妊娠出産編では、自分の体の変化、周囲とのギャップ、仕事と出産の悩みなどを自身の体験を元にご紹介していきます。

もちろん妊娠出産に関しては、体の変化も人それぞれですし、考え方も様々なので、あくまでも私自身の一体験として読んでいただければと思います。

☆☆☆

2019年2月に都内の産院で出産しました。

結婚に対しても出産に対しても、「リゾートで純白のドレスに包まれて式を挙げたい」や「子供は絶対に2人欲しい!」というような、憧れやこだわりがほぼ無かった私ですが、彼氏が何年もいなかった独身時代からひとつだけ決めていたことがあります。

それは、“いつか出産することになったら、絶対に無痛分娩にする”ということでした。

(※今回の記事も、私個人の体験談を書いたものです。無痛分娩を検討している方は、無痛分娩を行っている病産院で詳しい説明を受けることをおすすめします。)

出産への恐怖とトラウマ

小学生の頃の記憶が鮮明に……。

私は人並み以上に、“出産の痛みへの恐怖”を持っていたように思います。

その恐怖を持つことになったそもそものきっかけは、小学生の頃に見たテレビ番組にありました。密着24時系のドキュメンタリー番組で、病院へ緊急搬送される妊婦さん。「痛い痛い」と泣き叫びながら出産し、大量の血と共に産声をあげる赤ちゃん。その姿が目に焼き付いてしまい、すっかりトラウマになってしまいました。それからというもの、赤ちゃんを連れている人がいると「赤ちゃん産むとき、痛かったですか?」と聞いてまわっていました。

「痛かったけど大丈夫よ」と優しいお母さんたちは、怯える小学生女子をたしなめてはくれましたが、どうにもこうにもテレビで見た出産シーンが頭から離れず、そのまま出産の痛みに対しての恐怖が定着したまま大人になりました。

大人になってからも、友人が出産するとこっそり「痛かった?」と聞いていました。

ある友人は「ブルドーザーに轢かれたらこんなかな?ってくらい痛かったけど、不思議なことに、もう1回産んでも良いって思ってるの」と言いました。私の頭ではとうてい理解できない、神秘的なことが起きているようだけれど、やっぱり痛いことには違いないらしい。

そんななか、仲良しの会社の同期が出産しました。

またいつものように大人げなく「痛かった?」とこっそり聞いてみると、「私、無痛分娩だったから、それほどでもなかったかも」という意外な返事が返ってきました。

「無痛分娩!?」

そこから私の無痛分娩への道がはじまったのでした……!

彼氏もいないけれど無痛分娩貯金を開始!

いつか来るかもしれない“出産”という未知の体験に備えて……。

 

結婚もしていなければ、彼氏もいない。彼氏をさがせる便利なアプリもまだ無かった頃。

“無痛分娩”の存在を知ってしまった私は、いつかするかもしれない(しないかもしれない)“出産”に向けて貯金を始めました。

当時残業時間が100時間を越えるような多忙な日々を送っていたため、数年で100万円が貯まりました。すぐさま普段使っていない口座に移しました。無痛分娩が具体的にいくらかかるかわからなかったのですが、とりあえずなんとかなりそうな、まとまった金額にしました。

「いつか無痛分娩をすることになったら使おう。出産しなかったらその時は何か自分の為になる別のことに使おう」そう思って、通帳とカードをそっとしまいました。

1 2
浮気事件簿 占い 運勢 アラフォー 恋愛講座 美人探偵 不倫 セカンド 時短 金運 恋愛運 恋愛 婚活 その1 貧困女子 浮気 アラサー 結婚 キャリア アプリ
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。