コラム 【アプリ婚】コロナ禍でのアプリ婚活は、今こそチャンスと捉えるべし!~その1~

ハッキリいますが、婚活においては、不特定多数にモテる必要はありません!“自分と合った人”を見つけることが大事なのです。結婚はゴールではなくて、その先に続く“家族としての生活を一緒に歩めるかどうか”なのです。

コロナ禍で人と会うことが減っている今は、自分自身と向き合って、自分にはどんな相手が合っているのか? を今一度じっくり考えるチャンスだと思います。

「男性側の収入が少なくても、自分も仕事が好きだし共働きでお互いの仕事を尊敬し合える人が良いな」とか「職場からは少し離れても広々とした郊外に住みたいな」とか「家から出られない時も料理やゲームを一緒に楽しめる人が良いな」とか…、結婚後の暮らしをイメージして相手のプロフィールに向き合ってみてください。

キーワードは「自分の直感や気持ちに耳を傾ける」、「素直に本音で話す」です。

今がチャンスの理由3.内面・価値観重視に

この相手と一緒に暮らせるのだろうか?

コロナの流行を機に、人生初の外出自粛を経験したり、出社せずに自宅で仕事が出来るようになったり、収入が減ったり、感染のリスクを減らす為に工夫をしたり……、様々な変化があったと思います。

その変化は人ぞれぞれですが、共通して言えるのは、コロナ流行前に比べて仕事や暮らし、ひいては生き方に目を向けるようになったことではないでしょうか。

以前は顔や学歴、職種という一目で分かる“ブランドのロゴ”のようなものに目が行きがちだった人も、コロナの流行という未曾有の危機を体験したことで、「万が一の時に支え合える相手なのかどうか?」という視点が出現したはずです。

ともすると、「アプリ婚活は、顔や職業、収入などの条件で選ぶことのできるよこしまな婚活方法」とネガティブに捉えられることもありますが、私は逆に自分と“価値観が合った人を探す”という目的で考えて、非常に実用的なツールだと思っています。

そんなアプリ婚活ですが、コロナ禍の今では以前のように気軽に会うことが出来ないというハードルがあります。

後編の漫画では「にっさと流オンラインデートのポイント」をまとめてみました。ぜひご覧ください!~その2~に続きます。

☆☆☆

『アプリ婚』が本になりました!

なんと!この連載『アプリ婚』が書籍として大好評発売中!まとめてじっくり読みたい方、お友達や親御さんにお見合いマッチングアプリでの婚活を理解してもらいたい方、ぜひご覧くださいね!詳しくはコチラ

1 2