コラム 【アプリ婚・妊娠出産編】子連れキャンプデビュー!先輩キャンパーに聞いたメリット・デメリット~その2~

行くまでは、子連れキャンプと言うものがどんな感じなのか想像出来ず、楽しみと不安が入り交じった気持ちでした。

キャンプ場や山や川での子どもの事故や遭難のニュースが頭をよぎり、夫とも事前にどんな事故が起こりやすいか話し合いました。

いざ、行ってみると、テントの設営や子どもお世話など、いろいろ大変なこともありましたが、それ以上に、日常生活を離れて自然の中で過ごす時間にすっかり魅せられてしまいました。

もともと私も夫も、大の旅好きで、旅行に行くのが楽しみで日々仕事を頑張って暮らしているようなところがありました。

そんな私たちなので、コロナ渦で、思うように旅が出来ない日々が続き、フラストレーションが溜まりに溜まり、それがキャンプと出会って一気に解放されたような感覚です。

もちろん、コロナウイルスの流行はまだ終わったわけではありません。キャンプ場でも、炊事場やトイレなど人が集まりやすいところは空いているタイミングを見計らったり、密にならない意識は忘れずに安全に楽しむようにしています。

子連れキャンプデビューで良い経験が出来たのも、先輩家族のお陰です。持ち物や段取りなど、たくさん今後の参考になりましたし、なによりも漫画にも描いた通り、お互い協力しあえることがありがたかったです。身近にキャンプをしている友人家族がいたら、まずは一緒に行ってみるのがおすすめです。

☆☆☆

『アプリ婚』が本になりました!

なんと!この連載『アプリ婚』が書籍として大好評発売中!まとめてじっくり読みたい方、お友達や親御さんにお見合いマッチングアプリでの婚活を理解してもらいたい方、ぜひご覧くださいね!詳しくはコチラ

1 2 3

プロフィール

新里 碧

取材漫画家/イラストレーター/アーティスト 東京芸術大学を卒業後、外資系広告代理店のアートディレクターを経てフリーランスに。 2011年に愛知県の離島振興事業「あいちの離島80日間チャレンジ」にて、佐久島へ4か月間住み、毎日漫画を執筆。翌年監修・デザイン制作をした「あさりん」は、2012年ゆるキャラグランプリみうらじゅん賞受賞。知らなかった場所へ出向き、取材や体験を元に漫画を描くことが得意です。