コラム 【アプリ婚・妊娠出産編】母はフリーランス&子どもが早生まれは、保活ハードモード必至!? 私の保活体験~その1~

はじめまして、新里 碧(にっさと みどり)です。
2017年にアプリで知り合った男性と結婚をし、昨年2月に出産をしました。これまでのお話はコチラ

☆☆☆

保育園の通知をドキドキしながら待っている方、来年の入園を目指して情報収集中の方、内定通知がきてホッとしている方、保留の通知がきて困惑している方、保活(保育園探し)にはたくさんのドラマがありますよね。

我が家は、会社員の夫とフリーランス(個人事業主)の私と、2019年2月末生まれの娘の3人家族です。東京都の23区の待機児童ランキングでは、だいたい真ん中くらいになっていることが多い区に住んでいます。

仕事は主に自宅でしているので、体への負担は少ないと思い、産後3か月頃から少しずつ仕事を再開しました。

当時まだ小さい娘は寝ている時間が多く、たまに授乳とオムツ換えをするような感じだったので、「これなら、子育てをしながら仕事が出来るかも?」と思っていました。

しかし、産後5か月頃になると、寝返りをうったり、目を離したすきにズリズリと動き始めたり、娘の動きがとたんに活発になりました。

仕事と育児の両立の困難さを実感し、産後6か月目の2019年8月いよいよ保育園探しを始めました。

子どもがいる友人たちから「都市部は保育園探しが大変だよ」と聞いてはいたものの、いざ保活を始めてみると、想像以上の大変さを実感する出来事が次々と起こるのでした。

※今回の記事は、筆者による2018~2020年の体験談になります。お住まいの地域や保活の時期によって内容は異なりますので、詳細はお住まいの自治体の情報をご確認ください。

早生まれは、生まれながらに保活ハードモード確定?!

生まれた月が違うだけで不利になるなんて……

保活を始めて間もなく、初めて知った事実。早生まれだと、一番募集人数が多いはずの0歳の募集に応募できないということ。

私が住んでいる区では、募集が早い保育園で、4月の時点で満生後6週からの募集でした。出産予定日が2月末だったので、0歳の入園条件には満たなかったのです。

近隣の保育園は、0歳は10人近く募集がある保育園でも、1歳の募集はその半数以下というところが多く、早生まれという時点ですでに保活では不利な状況に……。

入園募集を4月と9月というように年2回に分ければ、かなり助かるご家庭が多いのでは?と感じました。

そして、何も知らなかった私は8月に保活を始め、応募したのですが、そんな中途半端な時期に空きがあるはずも無く、申し込みをするやいなや、待機児童の仲間入りをしたのでした。

1 2 3