コラム 【アプリ婚】遠距離&浮気を乗り越えてアプリ婚したカップルに直撃!その成功の鍵は?~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在34歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。昨年2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

☆☆☆

今回は、3年前にお見合いアプリで結婚した知人夫婦へのインタビューを元に記事の制作をしました。まずは、当時の二人の基本情報はこちら。名前は仮名です。

サキさん:28歳。体育教師。大阪在住。しっかり者の元気キャラ。広告を見て、お見合いアプリに登録。4年ほど使っていて、なんとこれまでに会った男性の数は30人くらい!

ショウタくん:26歳。広告代理店営業マン。東京在住。マイペースキャラ。友人との飲み会でお見合いアプリの話題になり、ノリで登録。3か月ほど使用したところでサキさんに出会う。

☆☆☆

サキさんは、本人いわく、「“御堂筋はサキのベッド”と言われるくらい飲み歩いては道ばたで寝たり……、20代前半は思いっきり遊んだと思うので、これからは結婚相手を探そうと思って婚活をしていました」とのこと。“30人会った”と言うと、多いという印象も受けるかもしれないけれど、それまで自分の中で持っていた“外見的な好み”とか“偏見”にとらわれないように、いろいろな人に会って話してみることにしていたからだそう。

そんなサキさんが婚活の末に出会ったのは、それまで付き合った彼氏のような男らしいタイプとは真逆のショウタくんだったのです。

そもそも自分のいるエリア以外の人も探していたの?

サキさんはショウタくんの2歳年上。

二人の話を聞いた時に、まずビックリしたのが“遠距離”だったというところです。

私自身もまわりの友人も、みんな現在の居住地の近くでソートをかけて探すのが普通だと思っていたので、そこのところから聞いてみました。

大阪在住のサキさんは、「自分からは探していなかったけれど、相手から“いいね!”が来て、良さそうな相手だったらメッセージしてみるようにしていました」とのこと。相手の条件を狭めすぎないように意識していたサキさんは、居住地に関しても場所にあまりとらわれずに自分に合う相手かどうか見極めるようにしていたようです。また、サキさんの職業が教師だったことも、居住地をフレキシブルに考えられる理由のひとつだったのかもしれません。

一方、相手のショウタくんは「はじめのうちは、今住んでいる東京と関東近県で探していました。一通り見終わったかな〜というタイミングで、ちょうど年末になって大阪の実家に帰ったんです。その時に関西の人も見はじめて、“いいね!”を押して帰ってきたのがサキです」だそう。確かにお見合いアプリを初めた当初は狭めにソートして探していても、その後数か月経つと、見慣れた人ばかりになってしまって条件を変えることありますよね。マッチングもタイミングなんだなぁと感じます。

そんなこんなで、マッチングしたサキさんとショウタくんですが、遠距離なためマッチング後もすぐに会うことは出来ませんでした。3月頭にマッチングしてから3月末に実際に会うまでの間、二人はひんぱんに電話で話すことで、お互いのことを良く知ることができたと言います。会う時はお互いにすでにもう知った仲のように感じていて、性格や人間性ももうわかっていたので、会う時は確認くらいの感じだったそう。サキさんは「顔が写真どおりだったら良いな」くらいの気持ちで待ち合わせ場所に向かったと言います。

1 2