【アプリ婚】アプリ婚最大のハードルは、親への報告だった!?~その1~

【アプリ婚】アプリ婚最大のハードルは、親への報告だった!?~その1~

こんにちは、新里 碧(にっさと みどり)です。現在34歳で、2016年10月まで広告代理店でOL をしていました。昨年2017年2月に結婚をしたのですが、出会いはなんと、iPhoneのお見合いアプリ。そんな私の体験談をハウツーも交えながらご紹介するのがこの連載です。これまでの【アプリ婚】はコチラ

☆☆☆

婚活をしていた時は、とにかく自分に合った相手を見つけることに必死になり、その後交際が始まってからは一変して、楽しい日々を過ごしていました。

絵に描いたようなプロポーズ(婚約指輪をパカッと取り出して「結婚してください」のような)ではなく、お互い一緒にいたいと感じたので自然に結婚する空気になっていきました。付き合いはじめてから3か月くらいのことでした。

付き合ってからは、本当にスムーズな流れだったので「このまま万事うまくいく!」と若干脳内がお花畑ムードになっていたように思います。

ところが、いざ本格的に結婚に向けて動き始めたら、思わぬハードルが……!!

もっとこうすれば良かったと思うこと多々です。失敗談を含む、私の体験談を交えてご紹介することで、これからアプリ婚を考えているみなさんの参考になればと思っています。

“結婚”って思っていたよりも大変でした……。

では、アプリ婚ならではの“結婚へのハードル”をご紹介します。

共通の知り合いゼロ!

お互いのことは知っているつもりで付き合っているけれど……。

お見合いアプリで知り合った相手との交際がスタートする際に、ほぼ全員が不安に思うことのひとつに“共通の知り合いがいないこと”があると思います。

もちろん普通の出会いの場合も、共通の知り合いが少ない場合もあるかと思いますが、少ないこととゼロ状態の心理的な差は大きいです。

私の場合は、結婚を意識しはじめてから積極的に自分の友人に紹介する場をもうけました。

彼女の友達に会うことに対して、気恥ずかしいとか値踏みされるようで嫌だという理由から、抵抗がある男性も多いと思いますので、紹介する為の場をもうけるのではなく、お花見とかサバゲーとか“みんなが友達とかパートナーとかを気軽に連れてくる系の集まり”から始めると良いと思います。

私の場合は、最初にいきなり女友達に紹介してしまったので夫からは「そうとう緊張したし、友達の目線が怖かった」と言われました。その後、サバゲーや会社のお芝居のサークルなどに誘って徐々に共通の知り合いを増やしていきました。

同じように夫も地元の友人や大学時代の友人、会社の同僚などに紹介してくれるようになりました。実際に事前に紹介し合った友人、知人たちに結婚式で受付や二次会のサポートをお願いすることになりました。

周囲の人に“なれそめ”をどう説明するか?

“お見合いアプリ”って言ったらどう思われるんだろう……?

私の場合は、もともと開けっぴろげな性格だったこともあり、お見合いアプリを使いはじめてから結構早い段階で周囲に「お見合いアプリを使ってるよ」と話していたので、この点はスムーズでした。

「お見合いアプリはこっそり使ってる」「必死な感じに思われたら嫌だから友達にも内緒にしている」という方や、「なんとしてもお見合いアプリで知り合ったと言いたくない!」という方は、「趣味のサークルで知り合って……」とか「友達の紹介で……」というふうに、やんわり説明するのもアリかと思います。

ただ、最近はお見合いアプリユーザーもどんどん増えていますし、実際に結婚したという話もよく耳にしますので、“普通の出会い方のひとつ”として、話したほうが後々気持ちも楽になる気がします。

1 2
運勢 貧困女子 美人探偵 恋愛運 iPhone 占い アプリ 恋愛講座 時短 恋愛 金運 派遣 不倫 アラサー 婚活 アラフォー 浮気 結婚 セカンド 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!