コラム ayayogaでヘルシー&ポジティブに!とにかく忙しくて堪らない!心が疲れたときは、まず空っぽに

師走、年末は忙しいにも拍車がかかるシーズンです。超多忙な日々を過ごしている堅実女子も、多いのではないでしょうか?

心が疲れているな、と感じたときは、まず、何も考えない努力をすることが大切。そんなときは、目を閉じて、遠くを見つめます。イメージが大切で、海を見ている感覚なのか、ローソクの炎の先を見ている状態なのか。自分のなかでイメージを持ちます。ストレスの一番の原因は、物事にとらわれるということなので、そこから気持ちを切り離すという意味で、想像力を豊かにし、普通とはちょっと違うものを見つめてみるといいでしょう。

自分自身を取り戻す、ayayoga的マインドフルネス

(1)あぐらをかいて座ります。肩の力を抜き、カップを持つような感じで手の平を上にして足の上に置きます。ゆっくりと目を閉じます。おでこにある第3の目で鼻先の遠くを見るようなイメージで、ただただ、呼吸にだけ意識を向けて気持ちを落ち着かせます。ポイントは、あんまりポジションを気にしないことですが、手を前に置くことで、肩が下がりやすく、力が抜きやすくなります。

肩の力は抜きましょう。

(2)疲れているときに体を動かすのってしんどいですよね。それは第2ステップな気がします。それよりも、いちばん最初は1回、すべてから自分を切り離して、目を閉じて自分の今を見ることが大事な気がします。肩が凝ってるのかな?首を傾けるのが辛いのかな?というように今の自分をまず観察して、何からはじめたらいいか、入り口を探してみましょう。

自分の今の状態を把握しましょうね。

時間にとらわれる必要はありません。それよりも、静かで落ち着ける場所でおこなうと、気持ちが楽になります。

ワンコと一緒にやるのもいいですよ。

自分以外のものに目を向けるのもポイントです。私はワンちゃんを飼っていますが、あえて、ワンちゃんの脈ってどうなってるんだろう?とか、ワンちゃんの呼吸に合わせてみたりします。自分のことしか見れていないと、それがストレスにつながったりします。自分以外の何かに意識を向け、外の世界を見るようにすると、意外にちょっと気持ちが楽になったりすることもありますよ。

プロフィール

ヨガクリエイターaya

Syaraaya代官山主宰。留学先のアメリカでヨガに出会い、自身の20kg以上の大減量に成功。
さまざまなヨガを学んだのち、指導者に。月200以上のオリジナルレッスンをこなし、レッスンには有名女優やモデルが数多く通う。
予約の取れない人気ヨガ講師として話題。
最新著書は2020年9月2日発売の『1日1ポーズで心と体を整える自己肯定ヨガ』(主婦の友社刊)。