コラム ayayogaでヘルシー&ポジティブに!自律神経を整えて、秋バテを解消しよう!第一弾

夏の暑さが和らぎ、ようやく涼しくなってきたにも関わらず、体がだるい、疲れやすい、なんて体の不調が続く状態が、秋バテ。その原因は、朝昼夜の寒暖差や、自律神経の乱れから起こります。そんな秋バテに悩まされいる働く堅実女子には、自律神経のバランスを整える、背骨周りを動かすポーズがおすすめ。自律神経は背骨の中を通っているので、そこを刺激し、筋肉の強張りをほぐすと、神経の伝達がスムーズになり、自律神経が整いやすくなります。今回はツイストといっても、じつは体が捻れていない、逆向きのポーズ。なので、ご飯を食べ終わった直後でもOK!胸を開いて、ゆっくり呼吸を感じながら行なってみましょう。

胸を開いた逆転のツイストのポーズ

(1)足を伸ばして、長座の状態で座ります。

背筋はピンと伸ばし、肩の力を抜いて視線は前方へ。

(2)片膝を立て、反対側の足の外側に出します。伸ばした足はカカトをグッと押し出すようなイメージで。

背中を丸めないように骨盤を立て、おへそをグッと前に出します。

(3)曲げた足と同じ方の肘を90度に曲げ、膝の内側にあてます。

手は指先までピンと伸ばします。

(4)骨盤を立てたまま、ゆっくりと後ろを向いて胸を開いていきます。

数呼吸したら元の位置に戻り、反対側も同様に。
1 2