コラム ayayogaでヘルシー&ポジティブに!年末の疲れは思いっきりノビノビすることで解消

腰痛の原因のほとんどは姿勢の悪さにあるといわれています。長時間のデスクワークや慣れないテレワーク。ついつい前屈みになってしまいがち。それは、正しい姿勢を保つ筋肉の力が低下しているせいでもあります。

今回紹介するのは、ヨガのポーズとしてもおなじみの、チャイルドポーズの応用編。え、これだけ? と感じるほどに簡単で負担の少ないポーズですが、爪先を立てることでグーっと仙骨(背骨を支える大きな三角形の骨)が伸びるので、腰がほどよく伸ばせます。前屈のポーズですが、前に曲げるというよりも、背中や腰を伸ばすという意識をもって行なうのがコツ。腰はもちろん、首や肩、背中の筋肉もリラックスさせることができます。

チャイルドポーズの応用バージョン

(1)四つん這いになり、呼吸を整えリラックス。両手は肩の真下におろし、両手両ヒザとも肩幅くらいに開きます。

腰は真っ直ぐに。反らないように注意しましょう。

(2)爪先を立て、ヒジを前方について手を組み、拳を作ります。

視線は前方に向け、背中を真っ直ぐに。

(3)かかとの上にお尻をグーっと近づけることで腰を伸ばしていきます。

拳の位置は変えず、お尻を後ろに引いて伸ばします。

次のページではayaさんの体づくりの日課をご紹介!

1 2