コラム ayayogaでヘルシー&ポジティブに!通勤電車の中で正しい姿勢を身につけ、自分を磨こう~その2~ 

前回に続き、通勤電車でできる超簡単な自分磨きのポーズその2は、“正しく立つ”こと。立っているときに背中が丸まっていると、自信がなく見えるだけでなく、呼吸が浅くなり、全身の巡りも悪くなってしまいます。

背中の筋肉を使ってスッと立つことで、健康的で美しい体に! 正しい姿勢で立つ習慣がつくと、背中や骨盤周り、お腹、脚の筋肉が正しい位置に徐々に戻ります。電車の中では、“正しく立つ”だけで、意外に足の筋力にも効きますよ。

両ヒザの内側を寄せ、軽く曲げて立ちます

(1)両脚をそろえ、太腿の内側を寄せてヒザを軽く緩めます。手は体の横に。

ヒザは曲げるというよりも、緩めるイメージで。

(2)天井から吊られるイメージでおへそを引き上げながら、スッと背筋を伸ばし、5秒間キープしましょう。

両ヒザを寄せ、肩甲骨を少し後ろに引くようにして腕を下ろします。

次ページでは、ayaさんおすすめの日常生活での下半身の鍛え方をご紹介!

1 2