コラム 美人がマッチングアプリに挑戦|会う前に交換するの?「LINEでやりとりしませんか?」問題

ライターの高木沙織です。

1月ですね。マッチングアプリの連載なのにも関わらず、いまだに誰とも会ったことがないという、本当の意味ではマッチングしていない? こんな記事にお付き合いいただきありがとうございます。今年もよろしくお願いします。

そして言うまでもなく、はい、今現在も誰とも会っていません! これはもう、“マッチングしないアプリ”にタイトルを変えるべきかも。「年が明けて、新型ウイルスが落ち着いた頃に会いましょう」なんて話しをしているお相手は、いることにはいるのですが……。それも当面は保留。

ということで、今回はこんなテーマについて考えてみました。

LINE交換する? しない?

マッチングアプリでメッセージのやり取りをするようになったお相手と、LINEのIDを交換する?それともしない?について。

今やコミュニケーションツールの代表格となりつつあるLINEは、かなりの割合で利用している人が多いのではないでしょうか。気軽にやり取りできますし、便利ですよね。

それゆえ、アプリ内でメッセージを重ねていくと、「LINEでやり取りしませんか?」と。わざわざアプリを開いてメッセージを確認して、というのが煩わしいのか、はたまたアプリという非日常ではなく、LINEという日常生活に根付いた身近なメッセージツールを使うことによって、ふたりの距離をもっと近付けたいのか。いずれにせよ、こんな話題が持ち上がることも珍しくないはず。

私? 私にだっていましたよ。そんな提案をしてくれるお相手が。

そこで考えました。

私は徹底して交換しない!

強気に言ってみましたが、これが私の答えです。あ、ひと言付け加えさせてください。“会う前は”と。

ここからは私の主観なので一意見として読んでいただきたいんですが、やはりアプリで出会った人って“アプリ内”の人だとしか思えなくて。メッセージのやり取りが続いてある程度打ち解けてきても、面識がない人との交流というものに、まだしっくりきていないのもあるのかもしれません。自分のなかで“現実世界で知り合った人”と“アプリで知り合った人”は、はっきりと線引きされているんだと思います。

それにLINEでは近しい人としかやり取りしたくない……、これです。仕事のやり取りはメール、ちょっとした顔見知りの相手ならSNSのダイレクトメッセージ、プライベートなリラックスした間柄でのやり取りはLINEって。ここでもきっぱりと区切っているのもあるでしょう。大きな声では言えませんが、もともとやり取りがマメではなく既読スルー常習者な私にとって、LINEでのつながりが増えるのは単純に負担になるというのも大いにアル……。

ここまで言ったからにはもうオブラートに包みません。正直、メッセージのやり取りだけではどんな人かわからないから、LINEの交換は怖い! 顔写真を見ていたとしても、それが本人かなんてわからなくないですか。

LINEを交換し、実際に会ってみてお互いに(あれ、違うかも)、と感じたらその後どうするの? 友達をやめる? ブロックする? そういうのってなんだか嫌じゃないですか。

その点、アプリ内のやり取りであれば合わなかったなと感じても割り切って、円満に関係を終わらせることができる(フェードアウトもあるかもしれないけれど、挨拶くらいはして)と思っているのですが、そこはお互いの関係性にもよるところでしょうからあくまでも理想と想像です。

まぁ、会ってみてLINEの交換をどちらかが渋る……、という気まずい状況もあるとは思いますが、そのときはLINEを交換しない=これまでありがとう、という気持ちで終われたらいいな。

なんだかんだアプリ、アプリと言いました。けれども、人と人とのつながりに変わりはないので、丁寧に誠実に接したいという気持ちはあります、もちろん。そのツールに何を使うかは人によっていろいろな考え方があっていいとも思っています。

ただ、私にとってのLINEは、本当に心を許した限られた人とのつながりの場だという話(だから友達も多くないんです)。

LINEは心を許した人としか交換したくない!
1 2