コラム 美人がマッチングアプリに挑戦|新アプリはギラギラ系の巣窟だった!グイグイ来られて……どうする?

ライターの高木沙織です。

リアルな世界ではすっかり難しくなってしまった男女の“出会い”ですが、「だからこそ」マッチングアプリに登録をしてメッセージを重ねたり、オンラインデートをしたりと、直接会えなくても積極的に恋愛を楽しむ方が増え続けているようです。

それも、1つのマッチングアプリだけではなく、複数のアプリに登録している人だって今や珍しくない時代。

私? 私もですね、2つめのマッチングアプリに登録をしたのですが、ギラギラ感にあてられて今現在活動休止中です……。

2つめのマッチングアプリに登録した理由

1月の終わりに2つめのマッチングアプリに登録しました。

というのも、マッチングアプリって本当にいろいろな種類があるんですよね。最初に登録したのは恋活、婚活向けのアプリで、新たに登録したのは、もうちょっとカジュアルなデート相手を探すためのアプリとでも言うのでしょうか。目的が違うんです。

では、どうして2つめのアプリに登録したのかというと、前回の話しで少し触れたのですがマッチングアプリをテーマにした小説の連載が決まったことがきっかけ。「素敵な出会いがあったらいいな」と思ってマッチングアプリを始めたら、恋ではなく仕事との出会いをつかんだようです。

ネタ探しのためではない、とは言い切れないところもあるけれど、それだけが目的というわけでもないんです。

それではこのふたつめのマッチングアプリの話に戻りましょう。

超積極的な人たちの嵐に、来る場所間違えた感

まず驚いたのは、アプリの種類・目的によって登録している男性のタイプがまったく異なること。なんというか、ひとつめのアプリではナチュラルで穏やかな方が多かったのに対してふたつめのアプリはギラギラ感がスゴイ!

もうね、プロフィール写真からしてキメッキメなわけですよ。あごを引いて上目使いをしたカワイイ系の写りだったり、反対にあごをクイッと上げた自信に満ちた感じだったり顔の角度や表情もそうだけれど、加工をしている方も多い印象。

ちなみに私のプロフィール写真は振り向きざまの笑顔のものなんですが、完全に負けています……。完全に場所を間違えた感が否めません。メッセージも外見のことばかりに触れてくる方が多くて、恋活・婚活が目的なのと、デートが目的なのとではこうも違うのかと3日くらい尻込みしました。

「さおりさん、すごくお綺麗ですね。見た目がタイプでメッセージをしました」
「すごく可愛いですね、気になったのでメッセージをしました」

多分これ、テンプレートなんだと思う。
もうすでにギラギラ感にあてられてひと休みしたい気分。

そんな中、直近でやり取りをしていたのはひとまわり年上の会社経営者の男性です。

グイグイ系男性多めの中、どうなる?
1 2