コラム BAが見た、女の世界|「恋が叶う香水」に血眼の争奪戦が勃発!彼氏ができると使用禁止令が

ライターの高木沙織です。

BA(ビューティーアドバイザー)として働き始める前にお付き合いしていたのは、6歳年上の男性でした。え、いきなり恋愛の話? まぁまぁ、ここで離脱せずにどうか温かい目で読み進めてください。なぜってそれは、別れのとき「沙織ちゃんは感情が読めないから、一緒にいてしんどい」とバッサリふられたからです。実は同じような理由でふられたことは過去にもあって、「私って、恋愛でもダメ過ぎる」と恋に消極的な自分がいたのがこの頃。

それが突如彼氏が出来たんです。自分でもビックリ、まわりのBAたちもビックリ、そしてある噂が……。

「恋が叶う香水」、BAたちは信じていなかった?

“恋が叶う香水”。ソレが女性たちのあいだで人気を博していたのは、わりと長期間に渡ってだったのではないでしょうか。デパートのコスメ売り場では品切れ状態が続くというちょっとした社会現象が起こっていたので、ご存じの方も多いはず。

口コミや雑誌の掲載、ネットなどで、「つけていると恋が叶う」と拡散されると多くの女性が買い求めたんですね。もちろん、私もその存在は知っていました。というか、ほぼ毎日目にしていました。そう、なにを隠そう私が就職した某外資系化粧品会社から発売されている香水だったんです。しかも、配属先は空港の免税店。デパートで品切れしている商品も比較的手に入りやすく、連日大フィーバー。

「ここにならあるはず!」と狙いを定めてやってくる女性客や、友人・知人女性に頼まれてやってくる男性客が次から次へと来店し、ソレを見つけては嬉しそうに手に取る姿は今でもよく覚えています。

そんななか、私たちBAはというと……。

先輩BA「これってさ、本当に効果あるのかな?」
先輩BA「そうなんだよね。私たちなんてしょっちゅうつけてるのに、彼氏どころか出会いすらなくない? 明日から高木さん、これ担当してよ」

ってな感じで、私がその香水の担当になり、売り場に立つときは毎日つけていたのでした。

つけ始めのトップノートはみずみずしい果実のようで、しばらく時間が経ったあとのミドルノートは落ち着いたフローラル。ラストノートはグッと大人っぽさを感じさせるローズやムスクの香りへと変化するその香水は純粋にいい香りで、「あ、これ好き!」と思っていたからむしろ嬉しかったなぁ。

こんなふうに、世間での人気とは裏腹にBAたちのあいだでは“一商品”でしかなかったその香水。……なのですが、私の身に起こったある出来事をきっかけに、まさかの争奪戦が始まることになるのです。

1 2