コラム BAが見た、女の世界|「恋が叶う香水」に血眼の争奪戦が勃発!彼氏ができると使用禁止令が

「彼氏、出来ました」で突然の香水使用禁止令!

終業後のロッカールームでのことです。

“恋が叶う香水”の爆発的な人気がやや落ち着いてきてからも、売り場に立つときは欠かさず身につけて過ごしていた私。もうすっかりお気に入りになっていたので、仕事以外の時間でも同じ香りを身にまとっていました。

その日もいつものようにシュッとひと吹きして帰り支度を済ませると。

先輩BA「ねぇ、高木さん。もしかしてデート?」
私「え、あ、はい」

よく分かったなぁ、珍しくスカートだから?なんて感心したのも束の間。

先輩BA「やっぱり! 最近なんか楽しそうだなーって思ってたんだよね。で、誰と?」
私「実は彼氏、出来ました」
先輩BA「えー! いつの間に? どこで出会ったの?」

なんて大きな声を出すものだから、ほかのBAたちも集まってくるではありませんか。こうなったら仕方がない。隠したり、濁したりすると後々面倒なことになるだろうと、彼との出会いを洗いざらい話します。

それは免税店近くのなんてことない通路での出来事でした。化粧室に行こうと歩いているとなにやら大きな機材を持った数人の団体がいて、その横を通り過ぎたときです。

彼「すみません! ここで働いている方ですか?」
私「はい?」

これが出会い。

彼は某テレビ局勤務でスポーツ番組を担当するディレクターだと名乗り、「一目惚れしました!」と言って名刺を差し出してきました。ですが、私たちは制限エリア内と呼ばれるここでは紙切れ一枚受け取ってはいけない決まり。

丁重にお断りしたその日の帰りです。制限エリアを出たところにあるカフェで飲み物を買っていると……。

彼「あ!」

なんと、くだんの彼と偶然の再会を果たしたのです。この日は海外へ出発する選手の取材に来ていたそうで、「また会えますか?」と名刺を差し出され、私はそれを受け取ったのでした。

※詳しくは「ナンパされても名刺はもらうな、その場で覚えろ!抜け駆けは禁止!が鬼の鉄則」を。

それからの展開は自分でも驚くほど早く、毎日メールのやり取りをするようになり数日後には食事、告白されてお付き合いスタート。

いつもは慎重すぎてなかなか恋愛に発展しないのだけれど、彼にはなにか感じるものがあったのでしょう。その後、BAを辞め、航空会社への就職を目標に留学するまでお付き合いは続いたのでした。

話は戻って、この“彼氏出来ました”騒ぎです。

誰が言い出したのかは分かりませんが、「もしかしてあの香水のおかげじゃない?」って。

その数日後。

先輩BA「今度から高木さんは別の香水担当ね! 彼氏出来たんだから譲ってよ」

こうなることは予想していましたから、「どうぞ、どうぞ」です。

それからというもの、毎朝誰がその香水を担当するのかを決める本気のじゃんけんが繰り広げられるようになり、他ブランドのBAに至っては終業後にこっそり「ひと吹きさせて」と顔を出すように。

その誰もが目を血走らせていたので、ちょっと怖いかもと思ったり、みんな恋に悩んでいるんだなと思ったりした若かりし日の私。

しばらく経っても、誰かに彼氏が出来たという話を聞くことは残念ながらなかったし、そもそも私に彼氏が出来たのだって香水の魔力のようなもののおかげなのかは分からないけれど、あの香水には“恋する気持ちを高めてくれる”力はあったように思います。

恋する気持ちか……、いいですね。
むしろ今、全身にその香水を吹きかけたい。

ジンクスに必死になるお年頃がちょっとなつかしい!? イラスト/Kato

高木沙織さんのコラム「美人のためいき」記事一覧

【お知らせ】ニュースアプリ「SmartNews」に「Suits womanチャンネル」が登場!記事をサクサク読めます

1 2

プロフィール

ライター/ヨガインストラクター高木沙織

「美」と「健康」には密接な関係があるため、インナービューティー・アウタービューティーの両方からアプローチ。野菜や果物、雑穀に関する資格を複数所有。”スーパーフード”においては難関のスーパーフードエキスパートの資格を持つ。ヨガでは骨盤ヨガや産前・産後ヨガ、筋膜リリースヨガ、体幹トレーニングに特化したクラスでボディーメイクをサポート。2018~2019年にはヨガの2大イベントである『yoga fest』『YOGA JAPAN』でのクラスも担当。近年はエッセイの執筆にも力を入れている。