コラム 自然霊と共存して生きることの大切さ

前回までにところで、霊の影響を受けている部屋の見分け方についてお伝えしてきましたが、ここで改めて考えていただきたいのが「自然霊」と共存していきることの大切さです。

 「自然霊」とは、この世に姿を持ったことのない霊のこと。いわゆる稲荷(狐)、天狗、龍神と呼ばれるものも自然霊です。

お稲荷さんと聞くと、狐の霊だと捉えるかもしれませんが、それは誤解。動物の霊ではなく、エネルギー体で、植物に宿るフェアリーも、自然霊なのです。

とはいえ、自然霊には高級なものから低級なものまで、さまざまな段階があります。たとえば私たちが「神」と呼んでいるのは、いわば超高級の自然霊。一方、人を困らせる現象を起こすのは低級な自然霊です。

低級な自然霊は、人の波長と感応してトラブルを引き起こしたり、自然界に影響を及ぼすこともあります!

20141024ehara

▼悪い物件にあたるのはなぜ? 次ページで理由をチェック!

1 2