コラム 地鎮祭の意味を知っていますか?

前回は自然霊による「土地の障り」についてお話しました。そのことに関連してもう一つ、土地にまつわる重要なことに触れておきたいと思います。

皆さんは「地鎮祭」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

地鎮祭とは「とこしずめのまつり」のこと。一般的には「じちんさい」と呼ばれています。私達は購入した土地は自分に権利があると捉えがちですが、スピリチュアルな視点でみれば、土地はあくまでもその土地に住む自然霊がつかさどっています。ですから土地の自然霊に「ここに住まわせていただきます。よろしくお願いいたします」とご挨拶をして筋を通すことが必要。それが地鎮祭を行う所以です。

地鎮祭というと、これから始まる工事の安全を祈願するという意味合いを真っ先に思いつくかもしれませんが、それだけではなく、実は、まず、自然霊に示す礼節なのです。

「どうせ迷信だろう」などと侮らないでください。実際に私は土地の障りが原因で病気になったり、悪いことが立て続けに起きたりする例をいくつもみてきました。

ただ、何か起きたからといって、自然霊が悪いというのではなく、その前に、礼も尽くさず好き勝手をしたなど、何かしら人間のほうに反省すべきことがあるということは忘れてはいけません。

 一人暮らしをする賃貸住宅を探している人にとっても無関係ではないのです。あなたが暮らしている、あるいは検討中の賃貸物件は、地鎮祭を執り行っているでしょうか?   不動産屋さんに調べてもらえばわかりますので、確認しておくことをお勧めします。

1031ehara

▼地鎮祭とはどんな行事? 次ページで詳しく解説!

1 2

Ranking

Information