コラム 良い不動産屋と巡り合うためには?

この世には自分が蒔いた種は刈り取ることになるという意味の「カルマの法則」や、類は友を呼ぶという意味の「波長の法則」が働いているということは、既にお伝えしました。どんな不動産屋さんと出会うかは自分次第なのです。

人は多面体で、悪い心だけの人も良い心だけの人もいません。つまり、その人のどの部分を引き出すのかが問題となります。

たとえば、あなたが不動産屋さんのセールストークに乗った結果、満足のいかない物件に暮らすことになってしまったとしましょう。その場合、後悔を招く結果になったのは、どこかで得をしたいと思っていたり、楽をして不動産屋さん任せにしてしまったことに対するカルマ。依存心の強いあなたの波長が、相手の無責任な部分を引き出してしまったと考えることもできるのです。

ではどうすれば、相手の良い部分を引き出すことができるかといえば、自立心を備えること。具体的には「どんなセールストークにも翻弄されない」と心に刻むことです。こうすることであなたは、自分のことは自分で決める冷静さを持てるようになり、高い波長を放つようになります。すると、結果的に相手の誠実な部分を引き出すことができるのです。

■欲張りな波長が呼び寄せるのは、狡い波長の人

また、あなたのほうに、通らないはずのローンを通して欲しいとか、家賃を安くしてもらいたいといった打算があると、判断力が鈍ってしまいます。
そもそも得をしたいという欲張りな人の波長が呼び寄せるのは、狡い波長の人。この世においしい話はありません。お得な物件には安いだけの何かしらの理由が必ずあるのです。

誠意のある不動産屋さんなら、あとでトラブルになることを防ぐため、問題点を先に伝えます。暮らし始めて欠陥住宅であることが判明するなど、厄介なトラブルに巻き込まれたとしたら、それは欲で目が曇り、吟味しないままに選び、うっかり相手のペースに巻き込まれてしまった自分のせいだといえるのです。

あなたの公明正大な心が、公明正大な不動産屋さんを呼び寄せます。そのことを忘れないでください。

スピリチュアル診断のまとめ

自分のことは自分で決めるという自立心があれば、誠実な不動産屋さんとの縁を結ぶことができる。

賢人のまとめ

江原啓之氏があなたの家を訪問し、スピリチュアル診断してくれます。
診断ご希望の方はSuits女子部に入部していただくことが条件になりますので、入部後、下記よりご応募ください。


応募はこちらから!


フォームの「相談内容」のところに、「江原さんに聞きたいこと、家に関する悩み」についてできるだけ詳しくお書きください。
応募内容を検討の上、訪問させていただく方には、編集部より、後日、メールでご連絡させていただきます。

*誌面やウェブ等で紹介することを前提とした企画ですので、そのほかの個人相談、カウンセリングは受け付けておりませんので、ご了承ください。

プロフィール

江原啓之

スピリチュアリスト、オペラ歌手。一般財団法人日本スピリチュアリズム協会理事。吉備国際大学及び九州保健福祉大学客員教授。

あなたにメッセージが届いています』など著書多数。TOKYO FM『Dr.Recella presents江原啓之 おと語り』(毎週日曜22時~)に出演中。