コラム トラブルに悩まない不動産選びのコツ

あなたは、会社で上司から仕事を依頼された時に、できないならできないとハッキリと伝えることができますか? あるいは洋服を買う時に、試着をしてはみたけれどイマイチだなと思った場合、「ごめんなさい。やはりやめておきます」と言えますか?

もしも、仕事を断ったら上司に嫌われるかもしれないと考えたり、試着までしたのに買わないと悪いんじゃないか…と気にしすぎる人は、不動産選びをする前に、優柔不断な自分や勢いに流されてしまいがちな自分を省みる必要があると思います。なぜなら不動産選びに大切なのは、冷静な判断力なのですから。

物事を俯瞰せず、感情主体で見ていると、なかなか迷いから抜けることができません。スッキリと正しい判断をするためには、一歩引いて、物事の全体を客観視する必要があるのです。

守護霊の声に耳を傾けましょう

実はこの客観的な視点が不動産選びにも不可欠。そこで迷いが生じたら、守護霊に「このまま話を進めていいと思いますか?」と問いかけてみることをお勧めします。こうすることによって冷静さを備え、自分の心に正直な結論を出すことができるはず。それ以前に、そもそも守護霊の声に耳を傾けるということが重要なのです。

これは結婚などを決める場合にもいえることですが、上手くいく時には躊躇う間もないほどトントン拍子に事が運びます。一方、心に引っ掛かりを感じたり、不信感が芽生えたりする場合には、守護霊からの「慎重に考えなくてはいけない」というメッセージ。

不動産選びにしても、どうしても気持ちがスッキリしなかったり、不動産屋さんの不手際で契約日がズレたなど、物事がスムーズに進まない場合には、守護霊からの「考え直したほうがいい」というサインであると受け止めましょう。それを無視して突っ走り、後で悔やんでも取り返せないのです。

どうもスッキリとしないというのなら、たとえ一旦はよい返事をしてしまっていたとしても白紙に戻すくらいの勇気が必要。感情的にならず、冷静に伝えれば、不動産屋さんも事情を理解してくれます。

不動産を購入する場合は、決して安い買い物ではないでしょう。どんな決断でもそうですが、勢いに任せるのではなく、自分の心をじっくりと内観した上で結論を出すことが、トラブルに悩まない不動産選びのコツなのです。

スピリチュアル診断のまとめ

不動産選びに大切なのは、冷静な判断力。どんなに良い条件を提示されても、迷いがあるなら潔く見送るくらいの覚悟が大切。

賢人のまとめ

江原啓之氏があなたの家を訪問し、スピリチュアル診断してくれます。
診断ご希望の方はSuits女子部に入部していただくことが条件になりますので、入部後、下記よりご応募ください。


応募はこちらから!


フォームの「相談内容」のところに、「江原さんに聞きたいこと、家に関する悩み」についてできるだけ詳しくお書きください。
応募内容を検討の上、訪問させていただく方には、編集部より、後日、メールでご連絡させていただきます。

*誌面やウェブ等で紹介することを前提とした企画ですので、そのほかの個人相談、カウンセリングは受け付けておりませんので、ご了承ください。