コラム 引っ越しは生き方を変える絶好のチャンス

現代人の暮らしはモノに溢れています。同じような洋服や靴、流行の終わったブランドバッグ、使わない食器、中途半端なコレクション……。一体、なぜモノが増えてしまうのでしょうか?

その要因として考えられるのは、虚栄心が強く見栄っ張りである、計画性に欠ける、物を買うのが好きだなど。いずれにしても「愛の電池不足」だといえるでしょう。モノは一時的に欲求を満たすための代用品に過ぎず、本当に欲しいのは愛なのです。 

自信のない時、不安を抱えている時、人は依存症を引き起こします。アルコール依存症、ギャンブル依存症、そして買い物依存症も寂しい心の現れであるといえるでしょう。

このように所有欲と心の寂しさは密接な関係にあります。依存症とまではいかずとも、特別に欲しいわけでもないのに真夜中の通販で衝動買いをしてしまったり、スーパーやドラッグストアでさして必要でもないものを買い込んでしまうといったことは誰にでもあるもの。

買ってしまったことを悔いても仕方がありませんが、せめて心模様を自己分析していただきたいのです。自分の弱さを認識した上でスッキリとシンプルに暮らそうと決める。まずは使っていないものを処分してしまいましょう。

否が応にもモノを整理しなければいけない引っ越しは、心の贅肉をそぎ落とすチャンス。ひいては強い自分へと生き方を変える絶好のチャンスといえるのです。

▼モノを捨てるとき注意すべきことは次ページで!

1 2

Ranking

Information