元アイドルは見た!|ゲームが悪いわけじゃない……ゲームと引きこもり人間性の関係~その1~

元アイドルは見た!|ゲームが悪いわけじゃない……ゲームと引きこもり人間性の関係~その1~

こんにちは!元アイドルでコラムニストの小川満鈴です。今回は昨今の事件から、ゲームと引きこもりの関係について取り上げていこうと思います。こういう問題を語るときには、まずは感情論ではなく物理的なことから考えていく必要があります。ゲーム機というのは「玩具」であって「商品」なので「販売台数・普及率」が必ず存在します。例えば、これは食品でも同じで、○○会社が商品に○○が混入していた可能性があり、20万個を回収などのケースや、○○のストーブに発火の恐れがあり○○の型番3万台を回収~クルマでもリコール等、どれくらい世間に浸透しているかが大事になりますよね。

ゲームは本当に悪者なのか?

ゲーム機の場合、例えば1983年に発売された「ファミリーコンピュータ」でさえ、まだ人によっては現役の可能性もありますので、最新のゲーム機だけを取り上げて計算すると大きな誤差が出てきます。

ここでやはり引き合いに出さなくてはいけないのが、川崎市で起きてしまった殺傷事件の容疑者のことになります。警察は容疑者の部屋の中から「テレビとゲーム機が発見された」と、まるで珍しいものが出てきたかのように報道していますが、ファミコン(約1900万台)、Switch(国内900万台)、PS4(800万台)、3DS(計約2400万台)と、他のゲーム機も合わせると1人で重複している部分があるとしても、3家庭に1台は何らかのゲーム機がある計算になります。

ですので、当たり前ですがゲーム機が家にあることは珍しくも何ともなく、警察が「出てきた!」というほど珍しいものではないと断言できるでしょう。
仮に、今回凶器になってしまった、包丁やナイフの普及率は国民の数をはるかに超えているので、「それが原因、あるから悪い」というならば包丁やナイフと同様に、実は「影響」は少ないと確率論では言えます。が、私は「順番の問題説」というのを唱えていまして、これがどういうものなのかを次の項でお話していきたいと思います。

1 2
占い アプリ 不倫 その1 恋愛 金運 キャリア 運勢 美人探偵 時短 貧困女子 恋愛講座 結婚 セカンド 恋愛運 アラフォー 婚活 浮気 アラサー 浮気事件簿
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。