コラム 元アイドルは見た!|南キャン山ちゃんと蒼井優の結婚で気がつく「幸せ」の本質とは? ~その2~

どういう男性を女性は選ぶべきなのでしょうか?

これは超大前提としてお伝えしてから本題に入りたいのですが、絶対なのは「その人の好み」であって、それは十人十色だということです。が、今までの項で書いてきましたが、今の時代というのは「見た目重視」です。これは自分でも気がつかないうちにメディアから影響されていて、何が自分の本当の好みかなんていうものは分かりません。

が、今回の山里さんと蒼井さんの結婚で、世の中に「人間の総合力」というものがいかに大事なのかが広がりつつあるような気がします。
ちょっと頭に思い描いていただきたいのですが、映画なんかを評価するときにも使われるグラフがありますよね。アクション度、泣ける度、感動度、スタイリッシュ度など、適当にライターが作っている部分もありますが、その作品を分解して理解する方法としては悪くない方法です。それと同じように、異性に対してもそれを当てはめてみるんです。もちろん自分のさじ加減と項目でよいのですが、見た目、経済力、常識レベル、面白さ、匂い(笑)など、自分で考え作ってみるんです。と、このように書くとおそらくは「人を項目とか数字で表すなんて最低だろ! 失礼だ!」と思う方もいるでしょう。が、どうでしょう? 皆さん、今までその芸人さんを「ブサイク」「でも面白い」「背が高い」「優しいらしい」と、結局は分けて項目にしていませんでしたか? そして普段、あの子はだれだれより可愛い!とかスタイルがいいとか、性格良さそう! と評価していませんでしたか?
人間はその「総合力」なんです。残念ながら。

「なんでこんなやつとあのアイドルが?!」と思ってよく調べていくと、IT社長とかだったりすることも多々ありますし、逆に超貧乏で見た目が悪くてもその人のことを本当に理解してくれて優しい面白い人だということがほとんどです。逆に、嫌な奴で貧乏でブサイクを好きになる人はいませんよね……。つまりは「総合力」なんです。足りない部分はほかの数値を上げることでフォローできてしまうものなんです。

「なかなかいい人がいない!」「誰か紹介してください」と私も女性に良く言われるのですが、そんなときには、このグラフ作戦を使ってみてください。別にそれは失礼ではありません。だって逆に言えば、将来ずっと人生を共にするかもしれない相手ですよ? そうやってしっかりと相手を理解してから次第に好きになって距離を縮めていく方が結果的にお互いにとって得なんです。

そしてもちろん、それを相手もしていると考えて自分を磨くことを忘れないことも大事ですね!

男性のアラ探しばかりしていないで、自分磨きも忘れずに!

1 2