コラム この常識って私だけ?電車、街、職場で見かける非常識な男女の行動とは?~その2~

なぜ非常識な人はいなくならないのか?

ここまでに、電車の優先席、公共の場でのゴミ、タバコのポイ捨てについての非常識さを書いてきました。もちろん世の中には「どうして?」という理解ができないレベルの非常識人間がたくさんいます。最近話題になった「あおり運転」なんかもその一例(非常識のレベルを超えているようにも思えますが……)ですね。

では、どうしてそういう人が絶えないのでしょうか?

これは実はとても簡単な理由で、何かの歌の歌詞のようになってしまうのですが、「育ってきた環境が違うから」なんですね、やっぱり。一輪の花があったとして、それを美しいと思う人もいれば、なんとも思わない人もいて、一輪挿しの花をかわいそうと思う人もいる。

ですので、価値観というのはある程度は仕方のない部分でもあるのです。

が、これが「誰かにとって迷惑」等という要素が絡むと話は変わってきますよね……。お花を綺麗と思うかどうかで誰かが迷惑を被ることは少ないかもしれませんが、電車の優先席やゴミ、タバコのポイ捨て等となりますと話は別です。

ここからは私の完全なある意味での「偏見」もあるかもしれませんが、私小川の統計ですと、優先席にドカッと座って譲らない、周囲に妊婦さんやそれを必要としている人がいても、もしくは「必要としている人がいるかもしれない」と常にアンテナを張ることができない人というのは、正直、身なりも「それなり」なんです。

ゴミを平気で捨てる人も、「カ~ぺッ!!」と唾を吐く人も、その人の服装や清潔感などを見ると、やっぱり「それなり」なんです。経験上、男女ともに、清潔感があって服装も髪型もしっかりしている人がその手の非常識行為をしているのは見たことがありません。

これを私は勝手に「非常識の悪循環」と呼んでいるのですが、仕事もできない、奥さん彼女もいない、諦める、生活がすさんでいく、もうどうでもいいわこんな社会、となっていく。それが世間一般に対する非常識行為に繋がっていき、それが連鎖していく。

もし「あ、自分はそうかも?!」と思った方がいらっしゃいましたら、是非実践していただきたいことがあります。それは、「周囲を観察する」ことです。スマホから目を離して一度周囲を見渡してみてください。風が吹けば桶屋が儲かる、ではないですが、全ては繋がっています。そして、自分がしたことは必ず自分に返ってきます。良くも悪くも。

そして周囲を理解することが実は自分を理解することにもつながりますし、きっと仕事も恋もうまくいくようになります。これを私は確信しています。

飲んだ後のマナーも、しっかりと!

1 2

プロフィール

小川満鈴

おがわみな……子役から、十代前半にいわゆるジュニアアイドル(チャイドル)を経て現在はコラムニスト・ジャーナリストとして活動している。また、セーラームーンのマニアであり、日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。2016年に結婚したが、その相手が自他共に認めるブサメン……。しかし、だからこそ見えてきた幸せ感覚を大事に、婚活に悩む女性・男性の相談も多く受けている。