元アイドルは考えた|「鈍感」「鈍い」「天然」と言われがちな人必見!「鋭敏」になるための方法~その1~

元アイドルは考えた|「鈍感」「鈍い」「天然」と言われがちな人必見!「鋭敏」になるための方法~その1~

こんにちは!元アイドルでコラムニストの小川満鈴です。人の感性、行動、性格を表す際の言葉は様々で、おおよその場合、人を褒める際には「鋭敏」「優秀」「天才」等の単語を使います。逆に、侮蔑とまではいきませんが、少し愛を込めて人を卑下する際、「鈍感」「天然」「おバカ」等の言葉を使います。

そもそも「鈍感」とか「天然」って何なのでしょうか?

この褒め言葉の中でも「鋭敏」に関しては「できる人」「鋭い」「頭の回転が早い」「気がきく」のようなイメージがあり、「天才」のようにフワッとしたイメージではなく具体性のある褒め言葉のため言われると嬉しいものです。

が、その「鋭敏」の反対語に位置する「鈍感」という言葉は、まあ普通の場合言われて嬉しい人はなかなかいないかもしれませんよね……(私もその一人……)。
では、そもそもこの「鈍感」というのは人間が生きている状態において、どのような状態のことを指すのでしょうか?

これを辞書で調べますと「感じ方が鈍い」「気が利かない」「臭いや感覚においての鈍い様」、また「冗談や皮肉が通じない」となっています。また例えば恋においては「○○ってホント鈍感だよね~」「え?なんで?私が?」「だって、○○って○○君の気持ちに……気がついて……」「え?ちょっと何それ~!」「な~んでもない!」というラブコメの王道的な使われ方もしますよね(笑)。

この恋での例えでわかるように、鈍感というもののベースにあるのは「知識不足」です。もしこの○○さんが○○くんに興味を持っている、もしくはすでに誰かから自分を好きだという事の(情報)を得ていたのなら、それは「知識」となって認識されていますので、鈍感と言われても「「え?なんで?私が?」とはならないわけです。そう、鈍感というのは先天的な性格にも絡んではきますが、基本的には「情報量・知識」の欠如の状態に対し、その情報をすでに得ている第三者が遭遇することで発生する感覚なのです。

1 2
セカンド 貧困女子 美人探偵 キャリア 恋愛講座 アプリ 結婚 不倫 婚活 金運 その1 恋愛運 浮気事件簿 恋愛 時短 アラサー アラフォー 浮気 占い 運勢
賢人人気ランキング
人気記事ランキング
Specialコンテンツ
Information
シャアしてね!
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。

ページトップへ▲
  • ABJマーク

    ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 第6091713号)です。