コラム 「上から目線」な人との関わり方ってどうすればいい? 元アイドルの対処法 ~その1~

こんにちは、小川満鈴です!「上から目線」という言葉が世間的に使われるようになって、定着したのはここ15年くらいのような気がしています。私の感覚ではございますが、確かにそれくらいから人に対して、高圧的だととれる発言や態度の人が確実に増えている……。今回は、そんな「上から目線」の人と出会ったときに、どのように対処すればよいのか考察いたします。

増えていると思いませんか?「上から目線の人」

会社では「部下と上司」という、どうしようもない地位の図式があるので半分は仕方ないとも思いますが、会社ではない日常でもすごくよく見かけます。私がいつも気になる「上から目線」の具体的な例は、レストランやコンビニ等で店員さんに対して横柄な態度の人。

レストランでピンポンを押して店員さんが来るのがちょっと遅かっただけで「どうなってるの?」と怒り、「水ないんだけど」等とタメ口を超えた口調で言うのが平気、というかそれが当たり前になっている人。コンビニでも同じで、完全にタメ口を超えた口調で指示するように言う人がいます。

お前はどこかの王様か?と言いたい。

そしてそういう人に「どうしてそういう言い方をするの?」と聞くと、ほとんどが決まって「だって俺たちって客じゃん、金払ってるんだし」と言うのです。なんだかとってもガッカリする瞬間……。

また、こういったお客さんとお店という関係でなく、普通に街を歩いていても、知らないおじさんが「君!(何かよくわからない言葉を発している)!」と怒鳴っていたり、フラフラと乗っている自転車から、ちょっと自分の進路の邪魔になっていると感じると異常なまでにベルを鳴らして、すれ違いざまに舌打ちをしていったり……。これもある意味、「上から目線」と言えますよね。

もちろん自分の主張を貫くのは、時としてとても大事なことです。でもその時と場合に「ズレ」があるから、他人はそれを「上から目線」だと感じてしまうんです。どうしてそういう人が増えているのでしょうか?

1 2