コラム 現役オタクの元アイドルが解説! オタクの恋愛事情は男女で違う、その傾向と対策~その2~

みなさんはなにかコレクションをしたり、ハマっているものはありますか?  私自身も相当なオタクで、セーラームーングッズを中心に費やしたお金は約3000万円!です。 ~その1~はコチラ

十数年前とは違い、オタクという言葉のイメージが相当変化したことは前編で書いてきました。ですので、オタク同士のお付き合いも当たり前になりましたし、逆にオタクであることを全く気にしていなかったり、それが自分の個性の一つとして「売り」になったりもしています。

オタク女子は男性と恋愛できるのか?

が、やはりこれは「深さ」の問題もありまして……。男性例なのですが、知り合いにかなり極度なアニメ美少女好きがいまして、バッグは好きなアニメキャラのバッジで埋め尽くされ、イベントは欠かさず、自宅にもポスターがびっしり、そして何よりも、そのキャラに「ガチで恋をしている」のです……。

これはなかなかですよ……。そしてこれは個人的な価値観もありますが、決して見た目もイケメンとはいえず、清潔感も無く……となってくると現実の恋にたどり着くのはなかなか難しいのです。

同じように二次元アニメ男子を好きな女性もいますが、そういった女性は普通の女性以上に男子の理想が高いのです。彼女たちは、アニメのようなイケメンや可愛い男子を理想としているといるため、たとえ同好の士であってもアニメ美少女好きオタク男性には行きません。ですので「男性余り」の現代、更に濃いオタク男性にとって現実の彼女を作るのは難しくなってしまっているのです……。

しかし、同じ背景があるイケメンキャラ好きの女性達の場合はちょっと違います。これは私もオタクですのですごくよくわかるのですが、その決定的な違いは、ズバリ「年齢」です。

現実なので書きますが、婚活市場で30歳を超えるとハードルが上がるという状況と同じです。子供が産めるか、産めないかを男性側は外見ではなく年齢でジャッジしてくるのです。それを女性たちは20代の頃から嫌と言うほど味わいます。ですので、イケメンキャラ好きの女性であっても、2次元キャラを本能的に「捨てる」時期が一旦訪れます。

1 2

Ranking

Information