コラム 元アイドルが語る!芸能界で遭遇したセクハラの実態と対処法~その1~

こんにちは、小川満鈴です!先日、アパレル会社社長のセクハラがニュースになりましたが、私はこのようなセクハラはまさに「氷山の一角」だと理解しています。それはどうしてかと申しますと、実際に私自身がそのようなセクハラを経験したことがいくらでもあるからです……。

セクハラはどこにでも存在する?定義とは?

今回のお題に入る前に、「セクハラ」というものを定義してからお話を進めていきたいと思います。が、実はこの「セクハラ」という問題は突き詰めると、「その境界線」の部分に行き着いてしまいます。言葉自体は、1970年代にアメリカで「セクシュアルハラスメント」という言葉が生まれました。そして、その言葉が日本で使われ出したのが1989年頃、その後、男女雇用機会均等法にて「セクシュアルハラスメント防止」が義務となったのが1999年なので、実はまだ日本においては事実上20年程度の短い歴史の言葉なのです。

現在はセクハラだけでなく、ここから派生した「○○ハラスメント」という言葉が多く生まれているのは皆さま周知の事実でございます。それではお話を戻しまして、セクハラとは「何をもってセクハラ」なのでしょうか?

まずは厚生労働省が提示している、職場におけるセクハラの定義を引用させていただきます(以下)。

1.職場において、労働者の意に反する性的な言動が行われ、それを拒否したことで解雇、降格、減給などの不利益を受けること(対価型セクシュアルハラスメント)
2.性的な言動が行われることで職場の環境が不快なものとなったため、労働者の能力の発揮に大きな悪影響が生じること(環境型セクシュアルハラスメント)

このように、現時点でセクハラは「対価型セクシュアルハラスメント」「環境型セクシュアルハラスメント」に分けられています。もちろんこの「中間的」なものも存在し、個々の状況や関係性によって違いますので、一概に「これがセクハラだ!」と定義できないのもこの問題の難しさでもあります。

1 2

Ranking

Information