コラム 新型コロナウイルスの影響で、恋活・婚活はどうなっていく?~その1~

こんにちは、小川満鈴です。過去に遡れば新型コロナウイルスよりも脅威だった病気はありますが、それは結果論でありまして、この新型コロナウィルスがどのように変化し伝染を続けていくのかは全くの未知数。フランスでは、2020年3月後半の時点で死者が4500人を超えたのだそうです。

コロナの影響で恋がしにくい?

改めて、フランスの死者数の数字を見てみると、恐怖を覚えます。だってこれ、感染者ではなく「死者」ですよ……。日本でも日に日に感染者、死亡者が増えているのは毎日の報道で皆様もご存知かと思われます。

その影響で各イベントも次々と延期・中止となり、2020年東京オリンピックの開催さえも延期の空気が漂ってきました。私の友人にもライブ活動を収入の主としている方が数人いるのですが、まあ今厳しいらしく、そういったアーティストやお笑いの方は良くも悪くも「自転車操業」的な部分もありますので、来月の家賃が払えない……という状況に陥っているそうです。

お客様側からしても、前々からライブやイベントを楽しみにしていた方々にとっては残念としか言えませんよね……。

と、ここまではいわゆる「イベント系」の中止、延期のお話ですが、皆さま「恋」に関してはいかがでございましょうか?既に夫婦やカップルだったら、このおこもり期間は絆を深めるのに良い機会かもしれませんが、シングルの皆さんは恋愛関係を育んだり、出会いを求めるにはバッドタイミングじゃないでしょうか?

コロナと恋(結婚)についての関係を、今回は「風が吹けば桶屋が儲かる」的に考えていきます。コロナの影響で「恋しにくい」「結婚が遠くなっている」ということはあるのでしょうか?

1 2