コラム 元アイドルも外出徹底自粛中! 志村けんさんの死で思い知らされた現実~その2~

まだ現実として受け入れがたい部分もありますが、新型コロナウイルスにより、2020年3月29日夜に志村けんさんがお亡くなりになりました。その早すぎる死から、考えたことがあります。~その1~はコチラ

人の死から何を学ぶか

私は人の死には必ず「意味」があると思っています。そして、その意味を受け止めて自分の力、未来に生かしていくことが、人間という生物に与えられたある意味での「使命」だとも感じています。

今、さまざまな人がSNSなどで「志村さんの死を無駄にしない」「志村さんを失って、初めて新型コロナウイルスを自分事として感じるようになった」「志村さんがコロナの怖さを教えてくれた」など発言しています。志村さんが現実に何を思って、どう考えていたかは誰にもわかりません。でも、数多くの人間がそう感じる、思うことが、今のこの世界に一番大事なのではないでしょうか?人って、自分が関わっていなかった人の「死」には実感がないんですよね。どこか他人事のような部分があるものです。

日本人の老弱男女に愛された、志村けんさんの死。誰もが親戚のおじさんを亡くしたような、そんな気持ちじゃないでしょうか?喪失感の大きさは計り知れません。いつもお茶の間に素敵な笑顔と、時にはカッコ良さを届けてくれた志村さんの死から学ぶものがどれくらいあるか……考えずにはいられません。

1 2