コラム 元アイドルも外出徹底自粛中! 志村けんさんの死で思い知らされた現実~その2~

自分さえよければいい、その考え方やめましょうよ

食料、トイレットペーパーを買い占めていく人たち、こんな状況なのにパチンコに並ぶ人たち、繁華街で大騒ぎする人たち、美しいのもわかりますし、気持ちを落ち着けたい時期なのもわかりますがお花見に殺到する人たち……。

本当にその行動って、「今」やるべきことですか?新型コロナウイルスが蔓延して、今までとは全く違うフェーズに入ろうとしています。自分だけは大丈夫、自分は感染しない、自分は困らない、という楽観バイアスになっていませんか?

いましばらく、みんなで協力して、ちょっと我慢することで、これ以上の感染を防ぐことができるんです。すでに自分は感染していると思って、バラまかないように気を付けるようにしませんか?本当に怖いと思うと思考停止してしまう人もいますよね、わかります。でも落ち着いて、考えてみましょうよ。今旅行したり、帰省したら、ウイルスをあなたが運ぶ可能性もあるんです。「日本って安全で幸せな国、だから大丈夫だろう」「自分は大丈夫」って思い込んでいるとしたら、考え方を変える時期です。

これは私の持論なのですが、自分勝手な人って、必ずその自分勝手の数倍の大きさの問題をいつか形を変えて抱えることになると思っています。いわゆる「因果応報」って本当なんですよ。

今のこの時期に「野外で遊ぼう」なんて考えないでください。学校等が休校になったり、出社ができなくなったりでストレスが溜まっているのもわかります。確かに桜は満開で、お花見に行きたいのもわかります。が、だからこそ我慢するんです。今は「我慢」。お花見するなら、ネットを介してエア花見とかいかがですか?

人間ってワガママにできていて、「家の中なんかにいないで外で遊びなさい!」と言われると逆に家の中にこもりたくなって、「外がダメ!」と言われると外に行きたくなる生き物。

が、繰り返しになりますが、

「今はその次元の状況ではない」

きっと一般の方よりもお金があって、治療にお金をかけることができたであろう志村けんさんでも、今回のようになってしまうんです。

まず、自分を自分で殺さないでください。そして、あなたの行動次第では誰かに連鎖的に迷惑をかけてしまうかもしれないということを強く意識してください。それがもしかしたら自分の身内、恋人かもしれませんよ。そうだった時、後悔してもしきれませんよね。どうぞお願いします。

お家にずっといる時こそ、自分磨きとかしてみませんか?また外出できるようになった日には、素敵な自分で!

1 2

プロフィール

小川満鈴

おがわみな……子役から、十代前半にいわゆるジュニアアイドル(チャイドル)を経て現在はコラムニスト・ジャーナリストとして活動している。また、セーラームーンのマニアであり、日本一のセーラームーングッズコレクターでもある。2016年に結婚したが、その相手が自他共に認めるブサメン……。しかし、だからこそ見えてきた幸せ感覚を大事に、婚活に悩む女性・男性の相談も多く受けている。